2013年12月10日

女性の皆さん!「僕の赤ちゃんのお尻みたいなスベスベお肌の秘訣?絶対洗顔に石鹸を使ってはならぬ!」アンディ・パートリッジの美容法(?)

ANOTHER RAN-DUMB RAVE (http://www.xtcidearecords.co.uk/cgi-bin/ikonboard/forums.cgi?forum=44&topic=350)

6:12 am on Jan. 9, 2007

女性の皆さん!「僕の赤ちゃんのお尻みたいなスベスベお肌の秘訣?絶対洗顔に石鹸を使ってはならぬ!」アンディ・パートリッジの美容法(?)

最近のアンディの写真を見るともう60なのに、肌が極め細やかで透明感があり血色が良い。彼よりちょびっと若いコリンは年齢相応の年取った顔をしているのに。

これは2007年の記事ですが、女性のファンからあなたの肌はしみひとつないのねというコメントがあり、それに対するお茶目なアンディの答えです。

Andy:Our reader from Kuala Lumpur,one Helena,a welder by trade and Maoist minx no doubt,asks about my beauty regime."not a spot,not a mark, not a line"she flatteringly purrs.Then spoils it completely by daring to suggest that I,the godhead of perfection,babys bottom chops,the fount that is the anti blemish,might use...GASP,make-up!!Well Heli the tv performance you mention,the late night review{or whatever it was called} BOOKS ARE BURNING, probably saw us in a light dusting of powder when they started filming but by the time we'd done 7 takes,because they kept messing up the camera angles,it had all been sweated off no doubt.
アンディ:クアラルンプールからの読者、溶接工で疑いなく毛沢東主義のおてんば娘のヘレナさんは僕の美容法についての質問です。彼女は、僕のお肌には"シミ、アザ、シワひとつない"と褒めちぎってくれています。と、思いきや、その後で、大胆にも、この完璧の美の神であり、赤ん坊のお尻の肌を持つ穢れを知らぬ泉と言われる僕に対して...ガーン!...なんと、“お化粧しているんですか?”ときた!あのですね、ヘリさん、例のTV番組、ザ・レイト・ナイト・レビュー{とか何とかいう}番組に出演して「ブックス・アー・バーニング」を演奏した際は録画をスタートした時は、確かにおしろいを軽く顔に塗られましたが、カメラの角度でNGが何度も出て収録も7回目になった頃には、おしろいなんて全部汗で流れ落ちていましたよ。

My pathetic beauty regime goes like this:I never use soap on my face,only if I get a mark that wont shift.Its water only.You dont want to destroy all those nice oils that live in your skin.As for lines,well,as all fatties will tell you its genetic.I inherited my mothers skin and I just dont wrinkle.Shes 80 and doesn't have a line on her,freaky huh?For better or worse I'll die with a babys face.Of course if you want to avoid wrinkles generally dont sunbathe,dont smoke and dont booze too much.People say that by 40 you have the face you deserve,I may have bucked that trend.
僕の月並みな美容法とは:絶対に洗顔には石鹸を使わないこと。汚れが自然に落ちない場合は別ですが。洗顔には水だけ。だって、せっかく肌に自然の油分がたっぷりあるのに台無しにしたくないでしょう。シワに関しては、えーとですね、良くぽっちゃり体型の人たちが何故肥満なのか理由にあげるのと同じで、遺伝なんです。僕の肌は、母の肌を譲り受けシワが出来ないんです。母はもう80なのに、シワ一本ないんですよ。ブキミでしょ?良くも悪くも、僕は赤ん坊の顔のままあの世に行くんですよ。当然ながら、シワを避けるには一般的には日光を避け、禁煙をし、飲みすぎないようにすること。世間では40にもなれば自分にふさわしい顔になると言いますが、自分は、どうやらその自然の流れに逆らっているようですね。

お肌むちむちすべすべ
posted by Miko at 13:10| ニューヨーク 🌁| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

母との葛藤:サンタのおじさんに変装したXTCアンディのああ哀れなクリスマス…(可笑しいんだけど悲しい)

Word
Issue # 14, April 2004
by Peter Paphides
http://chalkhills.org/articles/Word200404.html

XTCのアンディ・パートリッジ
インタビュー

母との葛藤:サンタのおじさんに変装したアンディのああ哀れなクリスマス

christmas-pic.jpg
かなり昔のパートリッジ一家のクリスマス。(自分を一度も褒めてくれたことがないという)アンディのお父様と去年亡くなったお母様。エリカさん。ハリー君とホリーちゃん。

He tells the sorry tale of Christmas 2001, when he invited his elderly parents over to enjoy a good old fashioned day of festive cheer. Full of good intentions, he hired a Santa costume for the day and attempted to ignore his inner Philip Larkin.
パートリッジは2001年のクリスマスの情けないエピソードについて語ってくれた。彼はクリスマスを昔風に陽気に楽しもうと年老いた両親を自宅に招いた。良かれと思い、彼の内面のフィリップ・ラーキン(英国の著名な詩人)に目を瞑り、恥を忍んでサンタのおじさんのコスチュームを借り、1日着込んだ。

“But you know, it's always difficult. I got so drunk, in fact, that I ended up letting my mother know exactly what I thought of her”.
「でもですね、実は(母との関係には)いつも悩まされていて。 それで、飲みすぎて酔ったはずみで、自分が母をどう思っているか口走ってしまったんです」

“Oh, Jesus. I'd never called my mother a cunt before. That was a Christmas and a half. I just had too much cheap champagne and champagne is the worst thing to get drunk on.
「もう最悪。自分の母親を"このアマ"なんて罵ったのは初めてですよ。あれはもう、クリスマスどころの騒ぎではないですよ。安いシャンパンをがぶ飲みしちゃってねえ。アルコールの中でも、酔っ払うにはシャンパンが一番たちが悪いですね。」

My mother just ended up pressing all the wrong psychological buttons, like they do. And that was when I unleashed this tirade”.
「世の母親がするように、母が自分の気に障る事を立て続けに口にするものだから、とうとう切れて母を罵倒しちゃったんですよ」

What does a paralytic 48 year-old Santa do when he's called his mother a cunt in front of his two children?
 ベロンベロンに酔って自分の子供二人の目の前で母親を「このアマ」と罵倒してしまった48歳のサンタのおじさんは一体どうしたらいいものか? 

He walks out into the night, looks up at the stars he was once so afraid of and begs them to swallow him up.
彼は、家を後にして夜道を歩いた。かつてあんなに恐れていた星を見上げたかと思うと(注:アンディは幼いころ“星恐怖症”だった)、その星達に向かい自分を吸い込んでしまってくれと叫び哀願したのだった。

Cries unheeded, Partridge made the short journey to the local town gardens and attempted to negotiate the gates. Unable to scale them, he walked on to a small children's playground, where he sank into the mud and wept −
悲痛な叫びも空しく星達に無視され、パートリッジは近所の市営造園まで歩いて行った。造園の門には鍵がかかっており、よじ登ろうとしたのだが失敗。仕方なく、児童公園に着くと地面の泥に膝まずいてシクシク泣き出した。

“dressed in my Santa suit, swearing at the stars with passing cars honking at me”.
「サンタの衣装を着たまま、夜空を見上げて星をののしっていたんです。通りを走る車がそれを見て野次でクラクションを鳴らしてました」

Back at home, a panicking Erica called the police and reported her husband [? − Ed.] missing.
  家では、パニックしたエリカ(一緒に住んでいる恋人)が警察に電話をし、自分の夫(注:「夫」は間違い)が行方不明であることを通報した。

Unsurprisingly, they didn't have too much trouble finding him: “It was exactly as you would have expected.
当然、警察が(サンタのおじさんに扮した)彼を見つけるのに時間は掛からなかった。

It was all, ‘Come along now sir, I think your lady's worried about you’. They put me in the car and drove me home, but the damage was done.
「まあ、想像出来ると思いますけど、"そこの旦那さん、一緒に来なさい。奥さんが心配してますよ"と言われて、僕はパトカーに乗せられて家まで送られたんです。でも、既に家庭はダメージを受けてしまったわけです」

My kids had never seen me in a mess. And what a mess! The mess was Santa. It's terrible really. 「子供は自分の父親のあんな取り乱した姿など一度も見たことがなかったんです。それも、とんでもない乱れようだったわけ。しかも、それがサンタだったんですよ。本当に酷過ぎますよ」

You love your parents to bits but mixed with it all is the pain from way back when”.
「誰でも自分の両親を深く愛しているものですが、その愛も遠い昔の(親に傷つけられた)心の傷の痛みと重なるものです」
posted by Miko at 13:37| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

【過去記事】可愛い!ミニチュアおもちゃの兵隊のデザイナーであるアンディ・パートリッジが熱く語るその魅力

From Irregular Miniatures, designed,painted and photographed by Andy Partridge
これはイレギュラーミニチュアのシリーズから。

デザイン、ペイント、写真全てアンディパートリッジの手による

Marlburian%20British,officer,standard%20and%20man2.jpg

http://www.irregularminiatures.co.uk/42mmRanges/42mmMarlburians.htm#MAP5

Notes by designer Andy Partridge
デザイナー・アンディパートリッジから一言

For those of you that collect old toy soldiers, the naïve charm of many early German makers will not have gone unnoticed. Indeed, there are few who can resist the somewhat lumpen splendor of such makers as Heyde or Haffner etc., but there are many who can’t afford them. Today’s prices for these antiques can be shocking, to say the least.
古いおもちゃの兵隊を集めている皆さんは、多くの初期のドイツのメーカーのナイーブ(垢抜けしない)な魅力に既に気が付いているはずです。確かに、ハイデやハフナー等のメーカーの多少あか抜けしないその素晴らしさに魅了されない人はあまりいないでしょうが、それを買う経済的余裕がない人も多いのです。このようなアンティーク品の今日の値段は控えめに言ってもびっくりするような値段です。

As usual, Irregular rides to the rescue with our new ‘Deutsche Homage’ range. These figures and their accessories have been sculpted in the style of those old German makers, and are available for a tiny fraction of the cost of the originals. Nothing has been pirated – they are not recasts, but have the genuine flavour of these old, well-loved toy soldiers.
そこで、いつものごとく、そんな高い物に手が出ない人たちのためイレギュラー・ミニチュアが我らの新商品"ドイツのオマージュ"のラインナップで助けに参じてくれました。これらの人形やアクセサリーは古いドイツのメーカーのスタイルに従い彫刻し、オリジナルのコストの何分の1かの値段で買えるようになっています。これは決して海賊版ではありません。- 改鋳物でもありません。ただ、長年愛されたおもちゃの兵隊のような本物の味わいがあるのです。

You can choose from an expanding range of bodies, heads and extras to make many thousands of different types of soldiers and enemies, ranging from the Victorian era right up to the Spanish Civil War. A quick (but gentle) animating with a pair of pliers, glue in a head and a gun, a lick of paint, and out strides a charming 42mm high character as diverse as a colonial redcoat ready to face the Boers, a Chinese boxer rebel, Pathan fighters or spear-wielding Zulus.
ビクトリア朝時代からスペイン市民戦争に至るまで何千という数のさまざまな種類の兵隊と敵軍を作るため更に拡大している胴体、頭、その他のラインアップから選べます。ペンチで素早く(でも優しく)胴体のポーズを作り、頭と銃を接着剤で付け、ペイントをチョコッと塗るだけで、魅力ある42ミリの気高いキャラクターがさっそうと飛出します。これで、ボーア、中国のボクサー反乱、パサン族の戦闘軍や、槍を振り回すズールー族に挑む植民地時代のイギリス兵の戦いの準備が出来たというわけです。、

If you like Heyde, you’ll love these.
ハイデのおもちゃの兵隊が好きなら絶対気に入るはずです。

Andy Partridge
アンディパートリッジ

*************************

アンディ・パートリッジ トイ・ソルジャーについて熱く語る



XTC - Andy Partridge

But it is the shabby, badly made, naive, folk-art toy soldier that truly engages him. He draws parallels for this with his passion for naive, "moronic" music; it may be fitting, then, that a cover of XTC's The Ballad of Peter Pumpkinhead featured in the cinematic ode to stupidity, Dumb and Dumber.
パートリッジを夢中にさせるのはみすぼらしく、下手くそに作られた、素朴な、フォークアートのおもちゃの兵隊である。彼はこのおもちゃの兵隊をあか抜けぬ"愚鈍的"音楽への情熱と比較する。XTCの"バラード・オブ・ピーターパンプキンヘッド"の歌のカバーが人間の愚かさに対する叙情歌として"ジム・キャリーはMr.ダマー"(Dumb and Dumber)の映画で取り上げられているのはピッタリくる。

http://www.independent.co.uk/life-style/interview--andy-partridge-andys-plans-work-out-but-theres-no-room-for-nigel-1196333.html

toy.JPG

"I started six or seven years ago, after trying, wanting to for years. I kept hammering my head against the wall. I found that the secret is in constructing the skeleton. You have to have the skeleton right or it just won't work. You build a wire skeleton and then fill it in with this epoxy putty stuff that dries in a couple of hours. You have to work quickly. Then you pour white metal in the molds. It works quite well."
トイ・ソルジャーの制作は、何年も、ずっとやりたいと思っていてトライした後、やっと6〜7年前に始めたんです。どうやって作ればいいのか随分悩み思考錯誤しました。それで、遂に骨組みの構造を作る作業が重要なカギであることががわかったんです。この骨格でしくじるともうどうやってもダメなんです。針金で骨格を作り、数時間で乾くエポキシのパテを付ける。次に、金型に白金属を注ぐ。こうすればすごくうまくいくんですよ。

42_1sailor.jpg

IMG_025254RET.jpg

"Oh yes, but I don't really go for the super realistic kind. I like them to look toylike, not real. And if they have misshapen limbs, even better!"
"(ペイントを塗る作業もするのかという質問に答えて)ええ、もちろん。でも、あまり本物に見えるようには塗らないんです。本物みたいではなくて、見るからにオモチャらしいのが好きだからですよ。不格好な手足をしてる方が良いんですよね!

Marlburian,French%20dismounted%20dragoon,firing%20man+explosion3.jpg

http://www.80s-membersonly.com/lexicon/pastissues/xtc.html

http://www.80s-membersonly.com/lexicon/pastissues/xtc.html
posted by Miko at 14:12| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

「俺はいつも君等ファンのオンラインでの書き込みを読んで落ち込んだりしてるんだ!」アンディ・パートリッジ インタビュー 2006

今はもうない、XTCファンのオンラインフォーラムのQ&A:
-- Posted by steve on 7:17 am on Dec. 12, 2006

ファンからアンディへの質問
Q- (中略)anyway do you really think XTC fans are a bit conservative(with a small c) ? does that mean you actually read the forum and how did you come to that opinion ?
Q-(中略)アンディは、私たちXTCファンのことをやや保守的(英語では小文字のc)であると本当に思っているんでしょうか? と、いうことは、このファンのフォーラムを本当に読んでいるんですか? どうやってそのような(XTCファンはやや保守的という)結論に達したのでしょう?

Come on Partridge explain yourself ! FUZZYFACE
ちょっとパートリッジさん、説明してくださいな!FUZZYFACEより。

アンディの回答
Q- (中略),XTC fans do tend to be rather on the conservative side.(中略)Now I know I shouldn't,but I do read the forum quite regularly.You'd think I'd have something better to do,like write a new album,but no,like a ghost at his own wake I feel depressingly compelled to waft in and find out what you bastards have been saying about me.Its generally good, but I do find the rash and uninformed character judgements depressing.
-XTCのファンはどちらかというと保守的な人たちが多いですね。(中略) まあ、本当はこんなことしない方がいいんだろうけど、実はこのフォーラムを結構いつも読ませてもらっているんですよ。

たぶん、みんなきっと僕にはもっと他にやることがあるだろう、例えば新しいアルバムの曲を作るとか、なんて思っているのだろうけど。

でも、ちょうど死んで幽霊になった人が、自分のお通夜に集まった人たちが自分についてどんな事言っているんだろうって気になり、つい、そっと見に行ってしまうようなもので、僕はこのフォーラム上をフワフワ漂っているんですよ。

ろくでなしの君たちファンが、自分のことを一体なんて言ってるのか、気が滅入るくらい知りたくて知りたくて仕方がないんです。

フォーラムでは、大抵はみんな僕について良い事言ってくれていますが、中には自分の事を知りもしないのに僕の人格について軽はずみな発言しているファンがいて落ち込むことがありますよ。

I mean say what you like about the obvious audible end of the spectrum,the music.Thats fair game,thats our art love it or lump it.But none of you folks know the first thing about myself,or Colin,or any past member of the band.Let alone our complex interactions.Some of the {ahem}learned thoughts of the Posters are just WAY off, and yes ,I have to say,have enraged me at times for their harmful,bad marksmanship.But hey,all I have to do is stop reading,right?{Bet you couldn't if you were me}.
はっきり耳で聴き取れて正当に判断出来ることについてなら好きなように批判すればいいですよ。つまり、それが僕らの音楽についてなら。それは、まっとうですよ。アートなんだから。けなされて辛くても、我慢するしかないです。

でもさ、君等、誰一人として僕や、コリンや、元バンドメンバーの事を個人的に知ってるわけではないですよね。

しかも、バンドメンバー間の複雑な人間関係などわかるはずがないでしょう。このファンのフォーラムの一部の(”エヘン”とわざとらしくせき払い)“教養ある”ファン達のバンドの個人に対する書き込みは、全く的外れ。

そういう、僕らをイメージダウンさせるような、酷い個人攻撃に対しては、時には激しい怒りに駆られることがありますよ。

でも、それなら、このフォーラムを読むのを止めればそれで済むことだよね?{でも、君が僕の立場だったら絶対止められないぜ}

The reason why I think XTC fans seem conservative in their tastes,and I would consider my tastes to be conservative also,is obvious.
僕の音楽の趣味も保守的だと思いますけど、君たちXTCファンの音楽の趣味が保守的に思える理由はハッキリしていますね。

The evidence goes like this.
下記がその証拠です:

1-You're hanging around an XTC site and not one dedicated to Ornette Coleman,Napalm Death,Sun Ra,Sunn(((O,Archie Shepp etc.IE:the OUT THERE end of music.
1. XTCのウェブサイトで時間を費やしている君等の中で、一人として、オーネット・コールマン、ナパームデス、ラスム(((O、アーチーシェップのような超アバンギャルドな音楽をやってるアーチストのウェブサイトで時間を費やす人はいない。

2-I bet 90% of you skip the more experimental pieces on THE FUZZY WARBLES set.{I know you do as you talk about it}.
2. 君等のうち、9割は、THE FUZZY WARBLESセットの中でも実験的な曲をスキップして聴いている。{君等がこのフォーラムで自分でそう言ってるのを読んだから知ってるんだ}

3-Peeking at your lists of favourite other music,its pretty straight stuff you must agree.
3. みんなのXTC以外に好きな音楽のリストをこっそり見たけど、すごく何の変哲もないストレートな音楽ばかりだってことは君等も認めるだろう。

4-Even amongst your fave XTC tracks ,I can see repeat patterns of preference for the more stylistically normal,and goodness knows,we're a straight group.
4. 君等のXTCの好きな曲のリストを見ても、みんな揃ってお気に入りはあまりクセのない正統な音楽スタイルの曲だってわかる。ま、確かに僕らはストレートな音楽を作るバンドだよ。

So,all in all I think XTC fans are {c}onservative,yes.Whats wrong with that? AP
だから結局のところ、なんだかんだ言っても、僕が思うに、XTCファンは保守的な人たちだってわけです。

いいじゃないですか、別に保守的だって!

posted by Miko at 21:18| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

ライブのオファーは百万ポンド(1億数千万円)に近い!XTC アンディ・パートリッジ

Word
Issue # 14, April 2004
by Peter Paphides
XTC アンディ・パートリッジ
自宅インタビュー 2

XTC アンディ・パートリッジ
ライブのギャラオファー額は既に百万ポンド(1億数千万円)に近い!

“Come in, come in”, he says, striding back down the hallway. Possibly because you don't expect successful musicians to live in Edwardian two-up two-downs, Partridge assumes Gulliver-like proportions in his lean-to kitchen. “Tea?” he asks. He boils his water with a kettle that whistles, uses Provamel soya milk in his tea and seems surprised when you ask for sugar.

「どうぞ、どうぞ」

アンディ・パートリッジは、大股で廊下を先に歩き、僕を招き入れてくれた。

成功を収めたミュージシャンなどが、まさか、このような上下二部屋ずつの小さなエドワード王時代調の二階家に住んでいるとは思いもよらなかった。そのためか、狭い差掛けキッチンに立つアンディの姿は、あたかもガリバーを思わせる。

彼が「紅茶?」と尋ねる。お湯が沸くとヒューと鳴るやかんで、水を沸騰させる。自分の紅茶にはプロヴァメル(ベルギーブランド)の豆乳を注ぎ、僕の分には砂糖を頼むと、驚いた顔をする。

With every passing year, the incentives to return to the stage get a little greater. “The last one”, he says, “ was in the region of a million”. But there's only one stage that Partridge is willing to mount. At the bottom of the garden, his shed plays host to banks of recording equipment, an electric guitar and a computer. What can you do in a space as small as this? Well, quite a lot actually. It was here that Partridge recorded 1999's Apple Venus − the magnificent album that completed XTC's turbulent journey back from the cover of Smash Hits and pan-European pop to practitioners of baroque pastoral psychedelia.

彼のライブを実現させようと、あちこちからオファーがくる。そのギャラは、年々、高額になる一方。

「前回オファーされたコンサートのギャラは100万(ポンド)の領域に達していたよ」とのこと。

パートリッジが、ライブを行うのをいとわない場所が、たった一ヶ所だけある。それは、裏庭のふもとにある、録音装置、エレキギター、コンピュータが積み置かれた物置小屋である。

こんな狭いスペースで一体何ができるのか? いや、実は、かなりのことが出来るのだ。

なにをかくそう、この場所でパートリッジの1999年のアップルビーナスがレコーディングされたのだ。スマッシュヒット誌の表紙を飾り、ヨーロッパを代表するポップ音楽を作るグループから、バロック様式、牧歌的、サイケデリックな世界までを表現する音楽を作るグループに成長したXTC。このアルバムは、そんな彼らの激動の旅の最後を締めくくるに、ふさわしい荘厳なる秀作である

(中略)(アンディとインタビュアがインド料理レストランでランチを済ませて)
Card swiped, we commence the five minute walk back to Partridge's house. On the way back, he exchanges greetings with Tony, the Old Town barber − although it's been some years since he had cause to go there. “I can just run the clippers over my head and achieve the same effect”. Once again, the ghosts of Partridge past sing in the distance: “Chalkhills and children / Anchor my feet”. Does he ever think he'll leave here? Or is this it now?

勘定をカードで払い、私たち二人は徒歩5分でパートリッジの家に戻った。途中で、トニーというオールドタウンの床屋さんと挨拶を交わした。パートリッジは床屋に行く理由がないため、何年もそこには通っていない。

「自分でバリカンで切れば床屋に行くのと同じなので。」

ここで再び、彼の過去の亡霊の歌声が、遠い彼方から聞こえてくる----「チョークヒルと子供たちが僕を現実に戻してくれる("Chalkhills And Children"から)」 

パートリッジは、いつか、ここ(Swindon 市)を去るのだろうか?それとも、このままでいいのだろうか?

He talks about how Erica would love to move to Bath − an idea that he's not averse to. “I've sworn to her that we will move. She finds it really depressing here, but I like this house. There's a great vibe in it. If I ever moved, I've got a good idea of the house where I'd like to live”.

彼は、エリカ(一緒に住んでいるパートナーで”Another Satellite"で歌われている女性)が、いかにバス市に引っ越すことを望んでいるかについて説明をした。(注:2013年、現在、エリカはアンディをスウィンドンに残し、一人でバス市に引っ越しした。)そこに引っ越すのは、彼自身もそんなに嫌ではない。

「エリカに約束したんです。絶対そこに移ろうって。どうも、この町は、非常に気が滅入るらしんです。でも、自分はこの家を気に入っているんですけどね。すごく良いオーラを感じる。でも、もし、引越ししたら、既にどういう家に住みたいかアイデアはあるんです。」

He unlocks the front door, and walks into the kitchen where he keeps a book of sketches and notes. “Here − let me show it to you”. Partridge produces a detailed pencil drawing of his ideal home: “I'd like a walled garden, with these little circular bits in each corner to keep my garden tools and implements. And look, this bit is two storeys. I'd like red brick with white trim. I think I could maybe get it built for half a million. What do you reckon?”

彼は、玄関の鍵を開けると、アイデアのスケッチとメモを書き留めておくノートが置いてある台所に向かう。

「ほら、お見せしますよ。」 

パートリッジは、自分の理想の家を、詳細にわたり鉛筆画で描いたスケッチを見せてくれた。

「欲しいのは、塀で囲んだ庭で、四隅に小さな円形の建物があり、そこには、庭仕事の道具や器具を収納出来るんです。そのうちのひとつであるこの建物だけは2階建て。赤レンガに白のトリムが良いですね。思うに、50万ポンドで建てることができるんじゃないかな。どう思います?」

In Bath, the plot alone would cost about half a million.

バス市では、土地だけで約50万ポンド掛かる。

“No! Look! All these bits here are single storey. And it's only one room deep”

「いや!見てくださいよ!ほら、この建物以外3つとも一階建てなんですよ。それで、中は部屋はひとつづつしかないんです。」

Well it looks great, I say.

良い感じですね、と答える。

“I'll probably never do it. But it's a scheme I've thought about many a time.”

「まあ、たぶん実行しないでしょう。でも、この構想は、自分なりに何度も考えてみたんですけどね」
posted by Miko at 13:32| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

アンディ・パートリッジのインタビュー「娘にとって僕はパンツ一丁でうろつきオナラしてるただのおやじ」 XTC - アンディ・パートリッジ インタビュー

XTC - アンディ・パートリッジ インタビュー

アップルヴィーナスが発売された後の数年前のインタビュー

http://chalkhills.org/articles/Manifesto9905.html

「コンピュータおたくばかりに好かれるのはゴメンだ!」
「娘にとって僕はパンツ一丁でうろつきオナラしてるおやじ」

TM: Does your daughter listen to XTC?
TM: 娘さんはXTCを聴いたりするんでしょうか?

AP: A few bits and pieces. I think she's more embarrassed by the reaction of some of the teachers. One or two teachers were just stupid fans of the band,and they just kind of embarrass her. I'm just square old dad to her, but these teachers are saying this wonderful hyperbole, and she can't put it together with dad, who she sees wandering around in his underpants, farting. I'm no Shakespeare to her. I'm just that parcel of lard at the breakfast table going "Clean your room!"
AP: あれこれ適当にちょこっと聴くぐらい。うちの娘は、学校の数人の教師のせいで恥ずかしい思いしてるみたいですよ。学校に一人、二人熱烈なXTCのファンがいて何だか恥ずかしいらしいです。あの子にとっては僕なんかただのつまんない古臭いおやじなのに、その教師等は、僕がいかに偉大であるか話すそうなんですね。それを聞いても、娘自身は自分の知っているパンツ一丁でうろうろして、おならブーッっしてる父親と結びつかないわけですよ。娘にとっては僕なんかシェークスピアでも何でもなく、朝の食卓で「部屋掃除しろ!」ってどなってるただの中年太りしたおやじですよ。

TM: Do you have more male fans than females?
TM: XTCは、女性より男性のファンが多いのでしょうか?

AP: Not in Japan, actually. It's about 50-50, which is very reassuring, that there's a balance. 'Cause I thought we just appealed to computer nerds. Do you really want to go out, just appealing to computer nerds? Not really. But when we came to the States recently, and did lots of in-store signing things, I was much pleased that, excepting New York, where it was mostly male, everywhere else was pretty much 50-50. Maybe 60-40.
AP:日本ではそんなことないです。ほぼ半々です。それは、非常に心強いことで すよ。良いバランスです。というのも、てっきりXTCはコンピュータおたくばかりに好 かれているものだと思ってたんです。せっかくバンドやっていて気に入ってくれるのが 皆揃ってコンピュータおたくばかりだったら嫌ですよ。でも、僕たちが最近アメリカ行 って多くの店頭でサイン会をした時、すごく嬉しかったのは大半が男性ファンだっ たニューヨーク以外の所ではほぼ男女5分5分だったんです。多分男性6割・女性4割でしたね。

TM: The Dukes of Stratosphear might throw the percentage, though. That seems like a boy record to me.
TM:もっとも、そのバランスもザ・デュークス・オブ・ストラトスファーのアルバムで崩れるかもしれませんよね。あれは男性ファン好みのアルバムに思えます。(このイ ンタビュアーは女性)

AP: A lot of musicians like us, which is really silly, cause we're not great musicians.
AP: ミュージシャンにXTCのファンは多いですけど、それって可笑しいですよね。だって、僕等はそんな優れたミュージシャンなんかではないんですよ。

TM: That's a wonderful compliment.
TM: でも、それは素晴らしい賛辞ということですよね。

AP: Yeah, I suppose they like... Seriously, if you could see our musical ability, it's really abominable.
AP: そうですね、XTCが好きなんでしょうね....でも、まじめな話、 僕等の音楽的な能力をお見せできたら...全くお粗末なものですよ。

AP: I dislike videos intensely, so we'll see. I dislike pop videos enormously. I actually think they've contributed significantly to the degeneration of the quality of music.
AP:(Apple Venus IのPVは作るのかを聞かれて)僕はPVが嫌で嫌でたまら ないんです。ポップミュージックのPVが途方もないほど嫌いです。本当に、PVがかなり現代の音楽の質を退化させたと思っています。

TM: What would you want on your tombstone?
TM: 自分の墓石に刻みたい言葉は?

AP: "I told you I was ill!" or "I can see up your dress from down here." Or "God, this stone is heavy!" or "Help, I'm in Hell!"
AP: 「ほら俺は重病だって言ったろ」とか、「ここから君のスカートの中丸見えだ よ」。または「わー、この石重いよ!」とか、「助けて、地獄に落ちた!」
posted by Miko at 12:19| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

【18歳以下閲覧禁止】グルーピーにハマるコリンとバリーを横目にアンディはサメの「オモチャ」で??? XTC アンディ・パートリッジ インタビュー

(注:下記の内容は成人向けです。ちょびっとキワドイ表現があります。)

XTC アンディ・パートリッジ インタビュー
グルーピーにハマるコリンとバリーを横目にアンディはサメの「オモチャ」で???

貞節な夫アンディの涙ぐましい努力

Word
Issue # 14, April 2004
by Peter Paphides
XTC アンディ・パートリッジ
自宅インタビュー 3

(中略) With a world tour pencilled in to capitalise on Nigel's success, Marianne had good reason to feel insecure. Over the next few months, XTC very quickly got themselves a reputation − but it was one from which their chastened frontman thoroughly distanced himself. By the time they reached Australia, a pattern had begun to emerge: “I was always in bed by midnight reading Letters From A Lost Uncle by Mervyn Peake, and then five hours later I'd be woken up by the sound of Colin creeping in. I'd say, ‘Colin, is that you?’ And he'd whisper, ‘Yeah − she had fantastic tits’”.
(中略)その昔、シングル「ナイジェル」のヒットに便乗し金の稼ぎ時だとばかりにXTCのワールドツアーが予定された時パートリッジの元妻マリアンヌが内心穏やかではなかったのには理由がある: ツアーが開始すると数ヶ月の内にXTCは女遊び(グルーピー)が過ぎるとの評判が立った。それは、(結婚前に一度浮気をしてマリアンヌに謝罪したため)すっかり反省してしおらしくなったパートリッジが徹底して関わるまいとしている世界だった。オーストラリアに着いた頃には、メンバーの行動パターンが見えてきた。「僕は、いつも夜中の12時までにベッドに入りマービン・ピークの "レター・フロム・ア・ロスト・アンクル" という本を読んで眠りにつくんです。すると、5時間後にコリンがこっそりと隣のベッドに忍び込む音で起こされるんです。それで、僕が 「おい、コリン、おまえか?」と聞くと、彼がひそひそと 「うん、さっきの娘のおっぱいサイコーだったぜ」なんて自慢するんですよ。

Magnet Magazine

XTC Andy Partridge: Soldier Of Misfortune
May 26, 2007

XTC アンディ・パートリッジ 不運な兵士
2007年インタビュー

So what kind of crazy, rock-star-life question should I have asked you? Was the groupie sex all it was tarted up to be?
インタビュア:それでは、どのようなワイルドなロックスターの生活について質問をするべきでしょうか? グルーピーとのセックスははたで見るほど派手にやっていたんですか?

I wasn’t a groupie-sex man. I was very, very well behaved, but Barry Andrews and Colin (Moulding) partook in some pretty heavy-duty stuff. Colin’s a bass player, what do you expect? [Laughs] There was all sorts of talk of girls being accommodating to most of the band, roadies and lighting men all at once.
アンディ:僕はグルーピーセックスマンなんかじゃなかったですよ。僕は超品行良性だったんですからね。バリー・アンドリュース(初期キーボーディスト)とコリン(モールディング)はグルーピー達とハードコアのセックス遊びにハマッてましたね。そりゃ、コリンはベースプレーヤーですからね(ベースは下半身に響くものだから)当たり前ですよね?(笑)
一度にバンドメンバー、ローディー、照明係りにまで至る複数を相手にしたグルーピー達のあらゆる逸話を聞いたものですよ。

(中略)Right, although the nearest I could get was my rubber-shark story. That was my notorious way of not being unfaithful when I was on tour.
(中略)そうですね、自分にとってそれに最も近い経験はゴムで出来たサメの話でしょう。 あれはまさに、ツアー中にいかにして僕なりに浮気をしない夫を貫いたかという周囲では良く知られた話です。

(中略) I bought it at a Woolworth’s in Melbourne, Australia, on tour. I saw this soft, rubber shark about a foot long and thought, “( ) "I could be faithful and not tempted by all these women now that I’m married.” So I thought, “I’m gonna buy this rubber shark and fuck it.” I bought the shark, and it felt great. You’d get some suction going, a vacuum effect, just terrific. I used to wedge it under a cushion or a chair and fuck this rubber shark. My suitcase was full at the time, so I had to buy an extra box to take it around. I remember going through New Zealand with it and the customs agent asking me, “What’s in the case, mate?” I said, “Well, it’s a rubber shark.” “Wise guy,” then he’d open it up and it’d be a rubber shark. It was great.
(中略)それは、ツアーの為メルボルン(オーストラリア)に滞在中にウルワース店で買ったものです。長さ12インチほどの柔らかいゴム製のおもちゃのサメを見て、「うわー、これさえあれば、妻帯者として妻に忠実でいられるな。ああいう女達(グルーピー)の誘惑に負けずに済むし」。」と思い立ち、「よし、このゴムのサメを買ってこいつにヤッテやろう」と考えたわけです。それで、買ってしまったんですけど、大層気持ちよかったですよ。いくらか、吸引力があるので真空効果が生まれ凄いサイコーなんです。そいつを、クッションやイスの下にはさんでヤッタんです。その当時の僕のスーツケースときたらいつも物がギューギューに押し込められていて(押しつぶされないように)ツアーの間中持参出来るようにそいつ用のケースを買ってやりましたよ。ニュージーランドに着いた時、税関吏に、「このケースの中は何ですか?」と聞かれ、「ゴムのサメのおもちゃです」と答えると「(アンディの回答が冗談だと思い「ふざけた人ですね」と言いながらケースを開けてビックリ、本当にゴムのサメが入っていたというわけです。最高でしたね。

Did it have a name, this shark?
それに名前はありましたか?そのサメに?

Sharky. [Laughs] Although after a while that stopped, because then I’d think of Feargal Sharkey. The last thing−literally−you want to be thinking of when you’re blowing your wad is the lead singer of the Undertones.
シャーキー(英語でサメは"シャーク"だから)(笑)。 でも、その名前もしばらく経って止めました。というのは、フィアーガル・シャーキーを連想するから。せっかくイキそうになっている瞬間に絶対に脳裏に浮かんで欲しくないのはアンダートーンズ(当時のニューウェーブバンド)のリードシンガーだからですよ。

Q&A

Q: Did you intend to be so blunt with the lyrics in "Your Dictionary"?
Q: 「ユア・ディクショナリー」では、元々あそこまで率直な歌詞にするつもりだったんですか?

A: I didn't write it to hurt. I wrote it to alleviate this incredible backup of pus that was building up in my head. I was a cuckold husband twice over, and me being Mr. Loyal, that was really painful. The song came really quickly, but I had to be cajoled into doing it for the album. I know it's going to hurt terribly. It's not going to hurt me, but it's going to hurt her.
彼女(元妻)を傷つけるつもりで書いたわけではありません。自分の頭の中にものすごい量の膿が溜まっていて、その膿を出すために書いたんです。僕は、二度も妻を寝取られた夫だったんですよ。特に、"貞節な夫とは僕のこと"を地で行った自分だったので、それはそれは傷つきましたよ。だから、この歌はあっという間に出来上がったんですが、アルバムに入れるのは嫌で周りに押された形で入れることになってしまったんです。そりゃ、かなり傷つくでしょうね。僕じゃなくて、彼女が。
posted by Miko at 12:02| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:天才アンディの素顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする