2015年03月31日

3月27日の呟き:レコーディング関連の技術的な質問に答えるアンディ「あのさ、俺オタクなんだよ~。テックな質問をもっとしてくれや〜」

アンディパートリッジ(XTC@xtcfans)のTwitter

3月27日の呟き:レコーディング関連の技術的な質問に答えるアンディ!

「あのさ、俺オタクなんだよ~。もっとテックな質問をくれや〜」

Part 1:

NERD.JPG

XTC?@xtcfans
Look,i'm a nerd,ask me more technical shit....I love it.
アンディ:あのさ、僕、オタクなんですよ。テクニカルな質問をもっとして...大好きなもんで。

*****

d t b@impliedreader Mar 27
@xtcfans can you still get the round-socket kettles for old WEM heads?
ファン:WEMのヘッド用のラウンドソケットケトル、まだ買えるんですかね?

XTC@xtcfans Mar 27
@impliedreader Awww,now i'm all nostalgic for my old Copicats, I had 2 types
アンディ:あ〜、愛用していたCopicatのことが懐かしくなりました。 2種類持ってましたよ。

*****

Patrick from Davis@PatrickFrmDavis Mar 27
Ha, okay. Besides room reverb, what reverb units do you like for recording?
ファン:へえ、なるほど。ルームリバーブのほかに、レコーディング用のリバーブユニットではどれが好きですか?

XTC@xtcfans Mar 27
@PatrickFrmDavis Don't monitor with reverb in cans,makes you sing sharp. I'm a big fan of Altiverb,and good quality spring on voices
アンディ:ヘッドホンではリヴァーブでモニターしない方が良いですよ。歌うと音程がシャープしてしまう。僕はAltiverbの大ファン、ヴォイスに良質のスプリングリヴァ―ブをしてくれます。

Patrick from Davis@PatrickFrmDavis Mar 27
@xtcfans Okay, thanks for the insight, one more. What piece of vintage recording gear (Comps, Pres, EQ's, and so on) is your Favorite?
ファン:分かりました。ご意見ありがとうございます。もう一つ。古いレコーディングギアではどれが好きですか?(Comp, Pres、 EQなど)

XTC@xtcfans Mar 27
@PatrickFrmDavis Can only afford plug ins.If I had money to burn a Fairchild compressor/limiter would be nice.Otherwise,anything by Slate
アンディ:プラグインしか買えないんです。浪費出来るお金があればFairchildコンプレッサー/リミッターなんか良いですね。あとはSlateの物ならなんでも」

XTC@xtcfans Mar 27
@PatrickFrmDavis You need the book RECORDING THE BEATLES then.
http://www.recordingthebeatles.com/
Fantastic tome for gear head
アンディ:RECORDING THE BEATLESを買うべきですよ。ギアオタクにとって素晴らしい研究書です。
http://www.recordingthebeatles.com/

DD@Puckywuckums Mar 27
@xtcfans @PatrickFrmDavis I like the Waves PuigChild plug in.
ファン:僕は、Waves PuigChild plug inが気に入っています。

XTC@xtcfans Mar 27
@Puckywuckums @PatrickFrmDavis I think Stu has some,are you a Logic man?
アンディ:(友人の)ステュが持ってますよ。貴方はLogic好きですか?

Patrick from Davis@PatrickFrmDavis Mar 27
@xtcfans Ha, currently acquiring all kinds of stuff to make a stereo TG1 unit. Should have it done in, uh, 2-3 years... I do need that book.
ファン:なるほど。現在ステレオTG1ユニットを作るため色々揃えているところです。2、3年で完了すべきでした...本当にその本が必要ですね。

XTC@xtcfans Mar 27
@PatrickFrmDavis You do,it's gear porn
アンディ:絶対に必要。あれはギアポルノですよ。

*****

ZEST OF YORE@zestofyore Mar 27
@xtcfans what are your favorite electric guitar strings? I have been experimenting with lots.....right now I dig NYXLs.
ファン:お気に入りのエレクトリックギターの弦は何ですか?僕らのバンドは沢山の弦を試しています....今は、NYXLにハマっています。

XTC@xtcfans Mar 27
@zestofyore Don't know them.We had a deal with ROTOSOUND but the buggers dropped us the second I quit touring.Strings all similar mostly
アンディ:それは知らないですね。ROTOSOUNDと契約していたんですが、僕がライブを止めたと同時に切られました。弦と言うものはだいたいみんな同じような物です。

zEST OF YORE@zestofyore Mar 27
@xtcfans I get OCD with strings, feel and how hard they hit the pickups. NYXLs cost double, less harsh, last forever, highly recommend
弦ではOCDを使っています。かなり強くピックアップを打つのを感じます。NYXLは二倍高いですが、荒々しさが無くて、長持ちするので、超お勧めですよ。

XTC@xtcfans Mar 27
@zestofyore Will check.We ALWAYS used new strings for each song.YES used them each take !
アンディ:今度試してみますね。XTCのレコーディングでは、必ず1曲ごとに新しい弦に替えていました。YESは、1テイク毎に弦を交換していましたよ!

*****

Dominique Leone@dominiqueleone Mar 27
@xtcfans what's the hardest part about mixing?
ファン:ミキシングで最も難しいのは?

XTC@xtcfans Mar 27
@dominiqueleone Stereo width,as in believable stereo rooms.I tend to widen more these days.ALWAYS mix levels very quiet in mono,always.
アンディ:ステレオの幅ですね。現実的なステレオルームの。最近では、自分は幅をもっと広げることが多いですね。ミックスレベルは必ず、モノで極めて静かにすること、絶対に。

*****

leefer@leefer3 Mar 27
@xtcfans
Not nerdy...but what was the record/album made ...you are most proud of.
ファン:オタクっぽい質問ではありませんが...アンディが作ったレコード・アルバムで最も誇りに思うのはどれですか?

XTC@xtcfans Mar 27
@leefer3 APPLE VENUS for quality of songs
アンディ:楽曲の質という意味でApple Venusですね。

leefer@leefer3 Mar 27
@xtcfans
Cheers...have you a personal favourite. ..single wise
My favourite for what it is worth
ファン:個人的に好きなXTCのシングルは?
こう言ってはなんですが、僕の好きなアルバムはこれ(Black Sea)です。

XTC@xtcfans Mar 27
@leefer3 I always thought our album cuts always better than our singles to be honest.
アンディ:僕はいつもXTCはシングルよりもアルバムカットの方が優れていると思ってました。

*****

Colin Fletcher@beatlebug67 Mar 27
@xtcfans where do you stand on flanging?
ファン:フランジングについての貴方の立場は?

XTC@xtcfans Mar 27
@beatlebug67 About to write quite a long article on it.I LOVE it,3 machines type is best.Seriously love it.
アンディ: フランジングについて、ちょうど今かなり長い記事を書こうとしているところです。 大のお気に入り。3マシーンタイプが最高。大好き。

*****

Brian Crosland@BrianCrosland Mar 27
@xtcfans Your favourite geetar. The Artist or the Tele?
ファン:好きなギターは?Ibanez Artists、それとも、Telecaster?

XTC@xtcfans Mar 27
@BrianCrosland SHhhh,the girls themselves may be listening.Artist for slink,Tele for chop.
アンディ:シーッ!女の子たちが聞いてるかも知れないから。セクシーなプレイでは、Ibanez Artists、チョップでは、Telecaster。

*****

Ian Murray@imurray71 Mar 27
@xtcfans What are your favorite effect pedals?
ファン:お気に入りのエフェクトペダルは何ですか?

XTC@xtcfans Mar 27
@imurray71 I'm more of a "mess with it after' man these days.A little comp before amp is always good.Dirt is easier to sculpt later too.
アンディ:最近は、自分はどちらかと言うと「終わってから対応するよ」タイプ。アンプの前に小さなコンプ、というのがたいてい良いです。泥は後でかたまってから形を彫る方が簡単でしょ。


*****

rob james@pocketmoon Mar 27
@xtcfans Why does my label printer sounds like the start of "Playground" ?
ファン:僕のラベルプリンタがPlaygroundのイントロのように聞こえるのはどうしてでしょうか?

TC@xtcfans Mar 27
@pocketmoon Is it an Ibanez label printer?
アンディ:それ、Ibanezラベルプリンターですか?

rob james@pocketmoon Mar 27
@xtcfans sadly it's a cheap Chinese knock off of an Ibanez label printer.
残念ながら、Ibanezラベルプリンターの安い中国製のコピー版。

XTC@xtcfans Mar 27
@pocketmoon Sounds like my hands
僕の手みたい。

****

Mugsie Rimmer@MugsieRimmer Mar 27
@xtcfans How did you get that lovely twang to Liarbird? Sounds like a lot of compression
ファン:Ladybirdのあの素晴らしいギターのピンと張った音色はどうやって出したのですか?かなりコンプレッションを効かせているように聴こえます。

XTC@xtcfans Mar 27
@MugsieRimmer Open E tuning,lot of comp,a little at a time,not all at once,and a little chorus.
アンディ:開弦Eチューニング、コンプレッションを多めにだけど、少しずつ。いっぺんにではなく。あとは、わずかにコーラスも。

*****

the Nearlys@theNearlys Mar 27
@xtcfans Which songwriters do you admire and/or what song do you wish you'd written?
ファン:尊敬するソングライター、および/または自分が書きたかった他の人の曲は?

XTC@xtcfans Mar 27
@theNearlys Easy,Ray Davies,Lennon/Macca,Bacharach /David.Wished I'd written AUTUMN ALMANAC the most
アンディ; それは簡単。レイ・デイヴィス、レノン/マッカ―トニー、バカラック/デヴィッド。AUTUMN ALMANACを書きたかったですね。

*****

Guy Pitchford@guyjpitchford Mar 27
@xtcfans Ah yes, what was *that* sound effect on BBC Scissor Man? Real Bell? #BONNNNGGGGGGGGGGGGGgggggggggggg
ファン:ああ、そうそう、 BBCライブでのシザーマンの*あの*サウンドエフェクトは何なんですか?本物の鐘?ボォォォォォォォ―――――――ン

XTC@xtcfans Mar 27
@guyjpitchford Probably the miniKorg 700S
アンディ: おそらくminiKorg 700S。

*****

Cyntada@cyntada Mar 27
@xtcfans You rec'd some small speakers for checking mixes a few months ago - still recommend these, or have you new favorites?
ファン:数ヶ月前に、ミックスのチェック用に小型スピーカーをいくつか入手していましたよね?あのスピーカーをまだお勧めしますか?それとも、新たにお気に入りのものは?

XTC@xtcfans Mar 27
@cyntada ALWAYS small spkrs,always in mono.Any make is pretty good.Most important is quiet and mono.
アンディ:ミックスは絶対に小型スピーカーで、絶対にモノでやること。どのメーカーのでも良いですよ。最も重要なのは静かにモノでやること。

******

Mugsie Rimmer@MugsieRimmer Mar 27
@xtcfans And all the atmospheric noises on Train Running Low???
ファン:Train Running Lowのあの大気的ノイズって???

XTC@xtcfans Mar 27
@MugsieRimmer All were Linndrum with sounds wound down to lowest tuning,like steam FX
アンディ:全部、Linndrumで一番低いチューニングに徐々に緩ませたサウンド。蒸気機関のFXみたいな。

****

Al Ias@ExTeaSea Mar 27
@xtcfans Do you play with computer graphics software, like Illustrator & Photoshop? (Fun stuff!)
ファン:Illustratorとか、Photoshopのような、コンピューターグラフィックスソフトウェアで遊んだりしますか? (楽しいですよ! )

XTC@xtcfans Mar 27
@ExTeaSea No,or I would NEVER leave the screen
アンディ:やりませんね。やったら最後コンピュータスクリーンから離れられなくなっちゃう。

*****

mrclean@mrclean Mar 27
@xtcfans Do you enjoy programming drum machines or did others get on with them better? Linn your fav?
ファン:ドラムマシンのプログラミングは楽しいですか?それとも、他の人の方が上手くやってくれるのでしょうか?お気に入りはLINNDRUM?

XTC@xtcfans Mar 27
@mrclean Linn was great at the time.Now much more real ones.Drum programming a pain,real drummers much better+blended trigger samples
アンディ:リンドラムは当時素晴らしかったです。今は、本物のドラムの方が全然良い。ドラムのプログラミングはきついですから。本物のドラマーの方がずっと良いです。あとは、ブレンドしたトリガーサンプル。

mrclean@mrclean Mar 27
@xtcfans I'm available. Give me a call :)
ドラマーのファン:いつでもお役にたたせてもらいます。電話をくだされば。

XTC@xtcfans Mar 27
@mrclean Thanks,will remember
アンディ:ありがとう。覚えておきます。

******

mike marinetto@ethicalCARBS Mar 27
@xtcfans what has the better sound quality: magnetic analogue recordings or digital protools recordings?
ファン::どちらの方が良い音質?磁気テープを使ったアナログ録音、それともデジタルのProTools録音?

XTC@xtcfans Mar 27
@ethicalCARBS Digital at the highest possible rate just wins it,but tape is SO flattering,boosts low and rolls off hi + compresses
アンディ:可能な限りに最高のレートにしたデジタル録音の方がやっぱり勝ちますね。低域はブーストされ高域は削られ、さらにコンプレスがかかるテープも非常に魅力的。

〜Part 2へ続く
posted by Miko at 10:59| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

「音楽を通し、宇宙最大のジョイスプレッダー機になって、世界中あちこちに喜びを撒き散らしたい!」 ****アマチュアソングライターへ捧げるアンディのメッセージ**** 2012年 ポッドキャストSodajerker「ソングライティングとは?」シリーズインタビューの書き起こし訳 - Sodajerkerの許可を得て翻訳!

アンディ・パートリッジ 2012年 ポッドキャストSodajerker インタビューの書き起こし翻訳

****アマチュアソングライターへ捧げるアンディのメッセージ****

Sodajerkerの許可を得て翻訳中!(Thanks Simon for your help!)
http://sodajerker.com/episode-8-andy-partridge/

「音楽を通して、宇宙最大のジョイスプレッダー機になって、世界中あちこちに喜びを撒き散らしたい!」

Because I’d like to be delighted and I'd like things to have a sense of joy when I read a book or when I seea film or hear a record, I wanted to have enough unpretentious novelty to keep my kid brain interested. If you can hear the same chord comingout of radio, the same melody and the same lyrical bollocks. Oh, it's just nothing new in it at all. But if a melody kind of defies where the chords are going and “Ohh, my brain likes that!” There’s enough essenseof surpise and delights in that. “Ohh, it's got another present that I wasn't expecting!”,“Oh, wow, that chords, I’ve never knewthe chord was gonna go there! This is great!” It's like I'm suddenly airborned.

本を読んだり、映画を見たり、レコードを聴いたりする時に、ワクワクさせてくれるものが好きなんです。さりげなく目新しいもので、この子供みたいな脳を、常に好奇心で一杯にしておきたいんです。

だから、ラジオから流れてくるのが、どれもこれも同じようなコードで同じようなメロディーで同じような歌詞、というくだらない歌ばかりだったら、僕の脳は「何にも新しいものなどないじゃないか!」となる。

でも、もしメロディーが、コードに反して違う方向に向かって行けば、「オォ!俺の脳みそが喜んでるぜ!」となる。そこに、十分なる驚きや喜びを見出せるわけです。

更に、その歌を聴いていって「わぁー!もうひとつプレゼントがあったのか、これは思いもしなかった!」、「おっ、わー、あのコードときたら!あんな展開になるとは予想できなかったな。こりゃあ良いね!」となれば、もう、嬉しくて、宙に浮いた気分ですね。

I like that in all the things I seeor hear, or my sensory input, I like the sense of surpirse and delight.Just keep pushing it, breaking it, finding new ways to get up and do thataerial trick, you know?. I want to put that into my music. I want peopleto…you know…(guitar) so if you…”You can sing a lovely melody, lala la la la” you know as if…”but if you sing something out there you can make it stranger and more delightful!” You are adventureous with it. Your brain is delighted and joyed. I want to be the kind of cosmic max spreader spreading the joy everywhere. That’s what I like about other people’s stuff. I wanna be delighted. I want it to surprise me.

自分の目に触れるもの、耳に聞こえるもの、つまり、知覚へインプットされるもの全てにそのようなワクワク感があって欲しいんです。

既成のものに挑み、既成を打ち破り、みんなの前で新しい空中飛びの技を披露するんだ!と言うわけ。それを自分の音楽で披露したいんです。

僕が、(アマチュアソングライターの)皆さんに望む事は...、ええと、(ギターを弾きだす)、だから...つまり、(即興の歌を歌いだす)

♪ラブリーなメロディーを歌ってごらん、ラララララ♪ 

それで、

♪でも、変わった歌を歌うつもりなら、そのメロディーをもっと変わった感じにアレンジして、もっとワクワクする歌に変えようよ!♪

つまり、音楽を作る際にはリスクを恐れずに冒険するんです。そうすれば、脳は歓喜で満ち足りる。

僕は、宇宙最大スプレッダー(畑に堆肥まきに使う巨大散布機)になって、世界中あちこちに喜びをまき散らしたい。他の人の作品でも同じことが言えます。僕を喜ばせて欲しい。アッと言わせて欲しいんです。

2xtc36.jpg

posted by Miko at 22:54| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

XTC - アンディパートリッジ:デイヴにプレイ出来るもので僕に出来ないものなんてない

SUN: Dave has said he was once a much better guitarist than you, but over the years, you improved to the point where Dave admits you're as good, if not better, than him.
SUN:デイヴから聞いたところによると、かつてギタリストとしては彼の方がアンディよりはるかに優れていたが、数年であなたの腕がめきめき上達して、今では自分と肩を並べるくらいになったばかりか、ひょっとしたら自分より上手かも知れない、と述べていました。

ANDY: This sounds so awful. but I'm not meaning it this way. There's nothing that Dave can play that I can't. I mean, usually . . . (sighs)
アンディ; こんな風に言うと聞こえが悪いですけど、決して悪い意味ではないんです。デイヴにプレイ出来るもので僕に出来ないものなんてないんです。つまり、通常、…(ため息)

oh, this sounds terrible.
うーん、ちょっとこれはあまり聞こえが良くないだろうな。

Usually, I would tell him what to play and then he would be given certain areas where he would get a free hand at something. "Say, Dave, I want a certain solo and I'd like it to be a very cascading kind of thing." Or "I want a little four-bar thing in here, I want it to be very languid and flute-like."
通常は、まず、僕がデイブにどういうプレイをするか教えるんです、次に、あいつが好きなようにプレイ出来るセクションを与えるんです。「ねえ、デイブ、ここでソロが欲しい、ものすごい滝が落ちるみたいな音が良いな」とか、「ここでちょっと四小節が欲しい、気だるい感じのフルートっぽい音にして」とかお願いするわけです。

He would come up with something and I'd say, "Sorry, Dave, this is not really happening." Then he would hit the roof. "Oh, I spent weeks working this out."
すると、あいつなりに考えてそういう音を数日掛けて作り披露してくれるのですが、そこで僕がまた、「ごめん、悪いけど、全然違う」とか言うわけです。それで、あいつがカッとなって「この音を作るのに数週間掛かったんだぞ!」なんて怒るんですよ。

"Sorry, it's just not right." And some of his best solos have been where I -- because Dave can be a little lazy like that -- said, "No, that's not quite good enough."
でも、僕は言うわけです。「すまない。でも違うんだよ」 でも、デイブの今までプレイしたソロの中でも最高のやつは、僕が「それはイマイチだな」なんて言ったおかげで生まれたんです。というのも、あの人って多少めんどうくさがりな一面があって。

In a fury, he's gone away and written something that's blown my socks off, in retrospect.
今にして思えば、僕にそう言われたが故に、激怒したあいつがしばらくして、また違うソロを用意して戻ってくるわけです。そのソロが僕の靴下を吹き飛ばすぐらいのものすごいソロであったというわけです。

A good example of that is the guitar solo in That Wave. The one he had was so safe and so stolid. I said,
その好例がThat Waveでのギターソロです。デイブが当初作ったソロはスリルと感動に欠けていたんです。そこで僕が言ったんですよ、

"Dave, this doesn't sound like someone in the greatest throes of ecstasy, someone totally washed over in love and affection. It sounds rather dull." He was very upset by that.
「それじゃ、恍惚の苦しみにもがいているという感じがしない、愛情と恋に完全に溺れて押し流されていく感じがしない、無味乾燥に聞こえる」 もうデイブは腹を立てましたがね。

While we were actually mixing the track, we said, "Look, do you think we could try another solo?" He went away and I'm sure in his anger worked up a fantastic solo that was just right.
トラックのミックスをしている時に、「ねえ、もう一度ソロをやってみるかい?」と、聞いたんです。すると、あいつはしばらく姿を消し、怒りの中で ― と、僕は確信しています ― 僕の望んだようなすごいソロを生み出してくれたわけです。

So he would sometimes respond to that kind of thing very well.
つまり、彼は、時によっては、僕のそういう批判に煽られて期待に応えてくれたわけです。
posted by Miko at 09:30| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

ソロ活動に躊躇する理由「スカイラ―キング、ノンサッチ、アップルヴィーナスの良さがわからない奴らにこれ以上努力しても無駄だ」XTC - アンディ・パートリッジ

XTC - アンディ・パートリッジは何故ソロ活動に躊躇するのか?

「スカイラ―キング、ノンサッチ、アップルヴィーナスの良ささえわからない奴らにこれ以上努力しても無駄だ!」

http://www.ape.uk.net/forum/index.php

昨年の11月頃アンディのレーベルAPEのオンラインフォーラムでファンからの質問に答えて

Foghernia, I do still find myself coming up with bits of song that seem ok-ish,but why I don't finish them....? Perhaps it's that my tastes have changed,perhaps it's having no band to execute them. Perhaps it's the hormones or just the 'been there,done that' effect?
フォージェニアさん、いまでもOKっぽい曲のパートが頭に浮かぶことがあります。でも、何故それらを楽曲として完成させないのか...?多分、音の好みが変わったのか、または楽曲にしようにもそれを実行出来るバンドがいないからなのか。ホルモンの変化のせいかもしれないし、ただ単に"もう既に全部にやった"という気持ちのせいなのかも知れません。

The years of ignorance from the general public{a few souls with taste excepted} have also done their damage,kind of..."if they didn't like SKYLARKING,NONSUCH and APPLE VENUS,really why bother anymore?"
oghernia、
自分の音楽が一般の人々(注:ここではアンディは主にイギリス国内の人の事を言ってる){音楽の趣味の良いわずかな人たちは除き}に理解してもらえない状態がこんなに何年も続いて、すっかり自信とやる気を損ねられましたよ。"こいつらが(XTCの名盤である)スカイラ―キングや、ノンサッチや、アップルヴィーナスを気に入らないなら、もうこれ以上努力しても無駄だ"って感じなんですよ。

違う話題で、ファンへの回答

Oddly lord Don,Oasis too. I now appreciate them much more than when they were being shoved in my face.Noel has a good way with a melody and Liam did have{does have?} a great rock and roll voice.
Haven't heard Noels new one though. Andy Partridge
post Oct 25 2011, 09:38
変な主なるドン様、オアシスもそうだね。大人気でどこに行っても彼らの音楽だらけだったあの頃より今になってやっと彼らの良さがわかってきましたよ。ノエルは良いメロディを作るのがうまいし、リアムはすごく良いロックンロールのヴォイスを持っていたし{今でも持っている?}ノエルの最新のやつは聞いたことないけど。

2011年12月15日

Donnyman,Got on very well with the Talking Heads,I think we amused them,jester-like. Probably a bit closer to the Police though,who would naively ask us for advice now and then,what? they're asking US!
ドニーマンさん、トーキング・ヘッズとは非常にウマが合いましたよ。僕たちのこと面白がっていたよう。おどけた道化師みたいで。でも、ポリスの方がもっと仲良かったかな。彼らに無邪気そうに(音楽上の)アドバイスを求めらたことが何回かあって、"エ〜?ポリスが俺たちなんかのアドバイスが欲しいのかよ!"とか思ったものです。

Saw virtually nothing of our support bands generally(中略). Talk Talk could be marvelous though. Their SPIRIT OF EDEN album is quite something. Sadly I can't listen to it anymore as it was one of the 'divorce' albums.IE: my ex played it over and over during the bad times up to the split.
たいていツアー中僕らは自分たちの前座バンドを観る機会はありませんでした。(中略)トークトークは素晴らしかったでしょうね。スピリットオブエデンは非常に優れたアルバムです。悲しいことにそれを聴くことがもうできないんですがね。"離婚"を思い出させるアルバムだから。説明:離婚騒動の真っ最中の頃、元妻が家で何度も繰り返し掛けていたアルバムなんです。
posted by Miko at 12:53| ニューヨーク 🌁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんな、自分自身の「声」を見つけるんだ!ロックスターが君の代弁者なのかい?XTC - アンディ・パートリッジ インタビュー

An Interview with XTC's Andy Partridge

Manifesto
5/99
by Tracy Marshall

XTC - アンディ・パートリッジ インタビュー
みんな、自分自身の「声」を見つけるんだ!ロックスターが君の代弁者なのか?

TM: What are some of the groups that you can listen to?
TM: 聴くに値するのはどのグループですか?

AP: I don't listen to much music, actually. You don't need it. When you have an ass of your own to shit through, you don't need somebody else's ass. It's kind of pointless.
実は、音楽はあまり聴いていないんですよ。必要ないから。だって、自分のクソ(作品)を排出するケツがせっかくあるのにわざわざ他人のケツを借りる必要はないでしょう。それって、なんだか無意味でしょ。

Nobody's saying anything that I needed to say myself. I have my own voice to say what I want to say. I guess I'm doing it mostly through music.
自分で言うべきことは誰も自分の代わりに言ってくれない。僕には言いたいことを表現出来る自分の「声」がありますからね。それを主に音楽を介して表現しているんでしょうね。

Everyone needs to find their own voice. That's the reason pop music has so much fake gravitas.
皆、自分自身の「声」を見つけなければならない。それが欠けている現代、ポップミュージックはいいカッコしいのクソ真面目なメッセージの音楽に成り下がってしまっているんです。

People are endlessly fascinated by poor-quality pop music because it speaks for them, and they don't have a voice.
人々は、揃って際限なくそういう劣悪な音楽に心を奪われまくっているのは何故か。それは、そういう音楽をやる連中に自分達の代弁者を見出しているからなんです。自分の主張ってものがないんですよ。

They're either too young and stupid or too old and stupid, or they just never bothered to find themselves. It's why so many crappy acts get elevated to the status of royalty.
こういう人たちってまだ若すぎて愚かなのか、年取って愚かになったのか、それとも、自分の「主張」とは何なのかと頭を悩ませることもしたことないのか。今のような状態が、くだらないロックスターの連中をまるで王室の一員のような地位にまで祭り上げているわけです。
posted by Miko at 12:37| ニューヨーク 🌁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

日本人の弱みはR≠ニL の違い?:アンディ「日本人に仕事を頼むとこれ以上ベストを尽くせないだろうと言えるほど 100パーセントの献身を傾けて取り組んでくれる」

TB: So, let's start off with the lyrics of "Red," because as I was looking at these...
Tb: それでは、「Red」の歌詞から始めたいと 思います。この歌詞を見ると…

AP: Oh, I'm glad you said "ryrics."
AP: あ、良かった、"ryrics"と言ってくれ て。

TB: [laughing] I didn't!
Tb: (笑)そんな発音していませんけど!

AP: No, "ryrics," please, because the only lyrics I have in the house for "Red" are a Japanese pressing, from the CD remasters we had done a couple of years ago. I pulled out this wafer-thin leaflet, which is on attractive, sort of sexy super-thin paper, and they've written what they think are the lyrics to "Red."
AP: いや、"ryrics"なんですよ。実は唯一家にある 「Red」の歌詞は日本版のもの で、2、3年前のCD リマスターのものなんです。中にすごく薄いリーフ レットが入って いて、良く出来たちょっとセクシー な超ペラペラの紙なんですが、それを取り出して 見るとこれが「Red」の歌詞カードで彼らが勝手に解釈した英語の歌詞が書かれている んです。

You know, the Japanese are very good at what they want to do. You get 100 percent devotion to doing a particular job just the best it's ever going to be done. I mean, look at the packaging of the remasters --they're meticulous. The printing work was faultless --they duplicated the LP artwork at CD size. And they can read it that small! [laughs] That's the size of the average Japanese bathroom, some of those typefaces.
ご存知のように、日本人は自分達がしたいことを優れた形で実現するのが得意です。 彼らに仕事を頼むと これ以上ベストを尽くせないだろうと言えるほど 100パーセントの献身を傾けて取り組んでくれるんです。

例えば、このリマスターのパッケージを見 て くださいよ、細部まで神経が行き届いています。印刷においてはまったく非の打ち 所がない----LPの アートワークをCDの小さなサイズで再現したんです。彼らにはこんな小さな文字まで読めるんですね!(笑) いくつかの活字の字は日本の平均的な浴室のサイズと同じですよ。

But the one thing that they always slip up on is lyrics to Western albums. They get teams of people sat with headphones on, in a room, playing the album over and over and over, writing phonetically what they think the English is.
そんな完璧な彼らでもひとつだけいつもしくじるのは. アルバムの英語の歌詞においてですね。彼らは何人かのチームを組んで部屋に集まり、ヘッドホンで繰り返しアルバムを聴き英語の歌詞を聞き取りするんですよ。

TB: And this song is not easy to figure out by ear.
Tb:でも、 この歌は耳で聞き取るのは至難の技で しょう。

AP: None of them are, but this one is particularly convoluted, and it's buried under walls of noise.
But, you know, why didn't they just call somebody in England and say, "Send us the lyrics"? I mean, just an e-mail or a phone call would have done it.
AP: このアルバムの全曲がそうですよ。 特にこの曲の歌詞は複雑で厚いノイズの壁に埋れてしまっていま す。でも、どうしてイギリスにいるだれかに「歌詞を送ってくれ」と一本電話をしなかったのか?---メールとか電話をしたら済んだ事だったのにね。

Anyway, I didn't have the lyrics, and I thought, "Shit, I've forgotten what the lyrics are." So, I began reading what the Japanese think they are [laughing], and they are so nonsensical! "You better watch your techno / It's stood up against a beast / Got to sail us in the sunset / They're ready / God believe"! What the fuck?
ま、とにかく手元に歌詞がなくて、「くそっ、歌詞 を忘れたな」と。それで、家にあった 日本人が聞き取った「歌詞」なるもの(笑)に目を通し始めたところ、とてつもない 意味不明の内容だったんですよ。「テクノに気をつけたほうがよい/それは野獣に向かって立っている/日没に航海しなくてはならない/準備は出来た/神さまがご存知さ 」、こりゃ一体ナンなんだ!?。

Verse two --"You better watch your linguo / Risten get ready in your way." Risten!
歌詞の2節目「舌面に気をつけたほうがいい/よく 聞けよ、準備するんだ」 それで もって、「聞け」 というのが Risten なんです!

TB: With an "R"?
Tb: 「R」ですか?

AP: With an "R"! And the word "listen" is not even in the lyric, as far as I can remember! It's very surreal.
AP: そう、「R」なんです!そのうえ、僕が憶えている限り「listen」なんて言葉は歌詞にさえないんです。あれは非常にシュールです。
posted by Miko at 13:20| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

APEフォーラムのアンディの投稿:不満そうなアンディ。「マイルズのアルバムの選曲はベストじゃない!」

http://ape.uk.net/forum/index.php?s=4a0ff47fd484ace070830093cebbde8e&showtopic=1433&pid=28833&st=0&#entry28833

アンディとのコラボ曲:マイルズケインのニューシングル


APEフォーラムのアンディの投稿:

2013年9月17日
We had 15 songs to choose from,and to be completely honest I don't think whoever chose the songs for the album picked the best ones. Wether it was his manager or Broudie?Personally,I think there were better songs that got left off.
Oh well. I still like Miles a lot. He's a spunky lad with a lot of pluck.
僕とマイルズのコラボ曲でアルバム候補に挙がったのは15曲だった。誰がアルバムの選曲したのか知らないが、正直言ってベストな選曲ではないと思う。マイルズのマネージャーなのか、Broudie(プロデユーサー)なのか?個人的に言うと、アルバムに入れなかった曲の方が良い曲があったと思う。でも、まあ、僕はマイルズがやっぱり好きだけどね。大胆なところのある活力ある若者だ。
posted by Miko at 11:35| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

【過去記事】インタビュー:アンディ・パートリッジってやっぱりひねくれてるわ?「大嫌いなくせにカントリーソングを作る理由は本物のカントリーソングとはこういうものだと思い知らせてやりたいから!」やりたいのは、オペラと女装西部ミュージカル(本人大真面目)

アンディ・パートリッジってやっぱりひねくれてるわ?「大嫌いなくせにカントリーソングを作る理由は本物のカントリーソングとはこういうものだと思い知らせてやりたいから!」

数年前のインタビュー
http://www.avclub.com/articles/andy-partridge,14057/

AVC: XTC fans might be surprised by the jazz influence on your music.
AVC:XTCファンは、アンディがジャズの影響を受けていると知ったら驚くかもしれません。

AP: It's enormous. It's one of the two big forces pulling me inside out. I've got what you would call novelty music slash psychedelic noises music slash pop music with that stuff on top of it. And in the other corner is the more outside stuff of jazz, from bebop outward. Certainly not inward−trad jazz bores the shit out of me.

AP:ジャズの影響、それはもう計り知れない。二つの大きな影響のうちの一つがジャズです。そのジャズと言うのも、ノヴェルティ(コメディ)ミュージック/サイケデリックノイズミュージック/ポップミュージックの上に位置するジャズなわけ。

その一方、ジャズからもっと逸脱したビバップ以降のものにも影響を受けています。絶対に言えるのは、保守的なトラッドジャズはクソ退屈過ぎ。

AVC: You've said you have an interest in musical theater, including an idea for a cross-dressing musical Western.

AVC:以前、ミュージカルに関心を持っていると言っていましたよね、女装西部劇ミュージカルのアイデアとか。

AP: [Laughs.] Yeah! It was called Helles Belles. It probably won't ever see the light of day−who the hell wants a cross-dressing musical Western? I already have a tagline for the poster: The Wild West, where men were men and so were the women!" I have the story outlined, but I never took it any further. I guess I got really lazy. But some part of me would love to see it come to fruition. I think the world is ready for a cross-dressing Western. It's the story of Billy Helle, the sheriff in a wretched town. I'm not going to tell you the whole story, because somebody will rip it off, but it's quite a journey of sexual discovery there. And it's all set to song, and there's a great gay mayor in it.

AP:(笑)そう!それはヘレスベルズというタイトルなんです。これはおそらく、永遠に陽の目を見ることはないでしょう。だって、一体どこの誰が女装西部劇ミュージカルなんて観たいと思う?

でもね、実は既にそのミュージカル宣伝用ポスターに載せるキャッチフレーズを考えてあるんです!"ワイルドウェストでは、男は男らしかった、そして女も男らしかった!" 

それで、ちゃんと、ストーリーのあらましも作られているんですが、それ以上具体的に進めていないんです。多分面倒になったんでしょうね。でも、心のどこかでやっぱり実現されるのを見てみたい気もするんですが。
世の人々は、そろそろ、女装西部劇を受け入れられる状態にあると思うんですよ。

ストーリーの主人公は、ビリー・エレ。悪党がはびこる悲惨な町の保安官なんです。ここで、ストーリーの全てを教える事はしません。そんな事したら、誰かにアイデアを盗まれてしまうからね。でも、とにかくものすごい自己のセクシャリティの発見の旅となるわけです。それに合わせてきちんとテーマソングもあり、その上、偉大なるゲイの市長が出てくるんです。

I'd really like to do an opera based on Cortez and Montezuma. I think somebody had a go in the late 1600s, but nobody has touched the story since. And it's such a fantastic story, that Cortez was seen by Montezuma as a god, and Montezuma was seen by Cortez as the passageway to power and riches. And the two men warily used each other. Very interesting relationship. I don't like opera. Therefore, I would want to write something better than the stuff that disgusts me. It's like country music. I don't really like country music, therefore I'd love to write some country songs just to beat out those crying-in-your-beer shit songs they keep mashing out. Actually, you watch the country-music awards that they show on the television over here, and you see country music has reached about 1985. It's all huge processed drum sounds and chiming chorus guitars and programmed synths bobbling along in the background.

それと、本当にやりたいのは、コルテスとモンテスマを基にしたオペラ。確か、1600年代後半に誰かがやる予定だったのが、その後、その話は消えちゃったんです。本当に素晴らしい物語なんですよ。

モンテスマにとってコルテスは神で、コルテスにとってモンテスマは富と権力への道であったわけです。この二人の男はお互いを警戒しながら手段として利用する。非常に興味深い人間関係なんですよ。

実は、オペラは嫌い。だからこそ、その嫌なオペラより、優れたオペラを書いてみたいんです。

同じ事がカントリーミュージックにも言える。カントリーミュージックが好きじゃないからこそ、優れたカントリーソングを作って、ああいう"酒に溺れて泣き明かす"みたいなクソ歌を叩きのめしてやりたいんですよ。

実際、イギリスのTVでカントリーミュージック音楽賞を観れば、カントリーミュージックはやっと1985年の音楽に到達したってわかりますよね。何しろ、全部どでかいプロセスされたドラム・サウンドと反復コーラスにギター、バックグラウンドではプログラムされたシンセがヘロヘロ鳴ってるわけです。

アンディが「ホンモノのカントリーソングを聴かせてやろうじゃん!」と出してきたのは、めそめそ感のない、胸がスカッとするキビキビした気持ちの良いカントリー。


-------------------------------

アンディ・パートリッジがやりたいのは子供向けのレコード、オペラ、女装の西部劇ミュージカル!

Popdose Interview誌の確か昨年のアンディ・パートリッジのインタビュー。XTCのファンからの質問への回答形式。

* Would you ever do a kids record?
質問:子供向けのレコードを作るのはどうでしょう?

I’d like to. There are several things I’ve got on my sort of mental list of things to do if I can get back to loving music, which I’m sort of a bit out of love with music at the moment. But I’d love to do a kids album. I’d like to do an opera, because I can’t stand opera, therefore I think I feel the need to defeat it, if you see what I mean. Just the noise of it… (Makes a high-pitched siren-like sound) …and all that sort of thing. Usually, 90% of operas have crap songs! It’s, like, you know, get rid of all of that singing, and is the song any good? No! It’s shit! There are very few operas with really good songs in them. And I would love to do an opera, and I know the subject I would do it about: Cortez and Montezuma. I’m also working on the idea of doing a cross-dressing Western musical. So lots of sort of silly irons in the fire, but I don’t know whether any of them will come to fruition.

アンディ:
やりたいですね。再び音楽を愛することが出来たら、やりたいことはいくつか脳内でリストアップされているんですが。今は音楽への愛は薄れているんです。

でも、子供向けのアルバルはすごくやりたいですね。オペラもやりたい。というのは、オペラが大嫌いで、だからそれを打ち負かしてやりたいと思ってるんです。言ってる事わかります?

あの嫌な声…(かん高いサイレンのような声を出す)…とか、その他、オペラの全てが嫌いなんですよ。

普通、1曲のオペラの9割はくだらない歌の部分。だって、オペラの曲から歌うところを全部取り除いたら楽曲として魅力があると思います?ないでしょ。全くくだらない曲になるはずですよ。オペラの中でも本当に良い作品はほんのわずか。だから、すごく自分でオペラをやりたくて。

もしやるならば主題はもう決まっています。それは、コルテスとモンテスマです。

あと、今僕は女装の西部劇のミュージカルをするというアイデアを練っています。だから、様々な可笑しなことを同時にやろうとしてる感じですが、これらのアイデアのうちどれかが実を結ぶかどうかは分からないですね。
posted by Miko at 00:43| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

最新インタビュー記事翻訳:アンディ「作曲においては、スウィンドンというありふれた町のありふれた日常性の中に物凄い影響を受けている」

http://www.theguardian.com/books/2013/sep/05/british-songwriter-interviews-secrets?CMP=twt_gu

英ガーディアン記事:
The secrets of songwriters
Andy Partridge, XTC

( Daniel Rachelがロック界のソングライター達にインタビュー。“Isle of Noises: Conversations with Great British Songwriters”)

Does Swindon shape the sound of your work?

Yes, because I can see those chalk hills out of the bedroom or attic window upstairs. I can see the trees. I walk the dog in the park where you can see carpets of daisies or in the summer be getting the idea that you're drowning in flowers. It's enormously influential in its mundanity, in its everyday. It's a Victorian park here, it's a wet alleyway there, it's a load of cars choking up a length of tarmac there. It's some people you know and their funny small-town manners. I don't know about dusty California highways. I don't know about denim-clad hippies, chicks laid across the bonnet of your Buick '57. I don't know about this accepted rock language. It doesn't speak to me.

ダニエル・レイチェル:あなたのサウンド作りには、スウィンドンという町(アンディの出身地)が影響しているんでしょうか?

アンディ・パートリッジ:そうです。うちの寝室や、二階の屋根裏の窓から、チョークヒル(白亜地質の丘)が見えるからね。樹木も見えるし。犬を散歩に連れて行く公園もある。そこには、デイジー(ひな菊)がびっしり咲き乱れ、夏だと、その花々の中に“溺れる”といった歌のアイデアが浮かんだりするわけです。

この町のありふれた日常の中に物凄い影響力がある。それは、ヴィクトリアン調の公園であり、じめじめした狭い路地であり、舗装した道路一帯で何台もの車が起こす渋滞だったりする。顔見知りの人たち、小田舎の人たちのおかしな振る舞いでもある。

自分は、カリフォルニアの埃っぽいハイウェイの事など知らない。デニムを穿いたヒッピーや、ビューイック’57のボンネットに横たわるセクシーな女の事も知らない。そういうのは、ロックの世界では共通の言葉なんだけど、僕には分からない言葉なんですよね。共感出来ないんです。

(注:アンディが常に言っている“身近な生活で起こる出来事、実際に見たり経験した事を歌いたい”ということですね。)
posted by Miko at 00:06| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

最近のアンディの呟き:「来年、ベストFuzzy Warblesを出すよ」マイクケネリーのニューアルバムのIndicatorというギターインストでアンディがギターが聴ける!





































posted by Miko at 12:13| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

【速報】アンディの新プロジェクト!一昨日アンディが気に入ったと言うスウィンドンのアマチュアバンドにリプ「ここ数年聴いた中でも最高に良い音楽だ。是非お手伝いしたい」だってえええええ!!!!!!!

今週のアンディの呟き

【速報】アンディの新プロジェクト!一昨日アンディが気に入ったと言うスウィンドンのアマチュアバンドにリプ「ここ数年聴いた中でも最高に良い音楽だ。是非お手伝いしたい」だってえええええ!!!!!!!



8.23.2013

アンディ:
REALLY like this Swindon band SUPERSQUARECLOUD,especially the track LOLLY MOON.Sounds like a lot of dreams I have
https://soundcloud.com/supersquarecloud
「このスウィンドンのバンド、スーパースクウェアクラウド(SUPERSQUARECLOUD)が凄く気に入ってる。特に、LOLLY MOONが良い。僕が良く観る夢のサウンドみたい」https://soundcloud.com/supersquarecloud … …

アンディの方からスーパースクウェアクラウドにツイート:
I think your music is the best I've heard in many years.I'd like to help.
スーパースクウェアクラウドにリプ「こんなに最高の音楽を聴いたのは久しぶりです。是非お手伝いしたいです」だってえええええ!!!!!!

スーパースクウェアクラウドからアンディにリプ
Oh wow! That's such a kind thing to say! :)
「ワーオ!なんて優しいお言葉!:)」

アンディ:
Nonsense,you are very good.Let's work together? You do what you do,and i'll make it sound a bit better?
真面目ですよ。すごく良い。一緒にやりませんか?あなた達は今やってることをそのままやって、僕が少し手を加えて更に良いサウンドにしてあげますよ」涙!!!!(≧∇≦)

地元の名もないアマチュアバンドの手助けをしてあげる優しいアンディ。
彼はAPEというレーベル持ってるし、プロデュースだけでなく、APEと契約させればレコードも出してあげれるよね〜。

ha, well thanks a lot :) we'd love to hear what you're thinking wanna mail us? supersquarecloud@biggu-soup.co.uk
「へえー!ありがとうございます :) 貴方のプランをぜひとも聴きたいです。メールくださいますか?」

スーパースクウェアクラウドのシンガー、ジョーさん(女性)が感極まってる様子
Still can't get over the nice things said by @xtcfans about my band! its made my month!
「アンディ・パートリッジに褒められた衝撃から立ち直れないでいる。最高の気分!」

それを受けてスーパースクウェアクラウドのフォロわーが
you can get together and make some magic. :-)
「一緒に音楽のマジックを作ったら?:-)」

That would be seriously seriously awesome / scary!!! :)
「もうマジのマジで最高、同時に恐い!!! :)」

********************************************************************

ファン
Watching Life Begins.... You're squirming because you're not centre of attention. And a Strat too, did you borrow it?
「Life Begins At The HopをYouTubeで観ました.. 身をよじっているのは自分が注目を浴びていないからでしょ。ギターはストラットだし。あれはデイブのを借りたんですか?」

初々しいXTC。トップオブザポップスの初出演:


アンディ:
I'M NOT PLAYING A STRAT wank eyes
「ストラットなんて弾いてねーよ。酔っぱらって見えないかい」(注:"wank"の意味は.....スラング辞書で調べてください)

ファン:
What is it then? BALDY.
「じゃあ、何なんですか?ハゲさん」

アンディ:
My lovely fellow,it's Fender Bronco
「ラブリーな友達、フェンダーブロンコだよ」

ファン:
「Logic Proのドラムについてどう思いますか?または、それの兄貴分みたいなGaragebandは?」

アンディ:
They would have been great if it was 1990,but now they are just passable.SUPERIOR DRUMMER is good
「1990年だったら素晴らしかっただろうけど、現在ではまあ使えるぐらいのもの。Superior Drummerが良いですよ」

ファン:
Love the drums on EXPRESS,if it's not too long a reply which are by Pete and which Linn Drum?
「Big Expressのドラムが大好きです。もし、リプが長すぎないならば、全トラックのうち、どれがピートで、どれがリンドラムなのか教えてくださいますか?」
(注:ピートとは、スタジオドラマーPeter Phippsの事)

アンディ:
Linn=PRETTY GIRLS,SEAGULLS,THIS WORLD,parts of TRAIN,rest is all Pete
「リンドラム=All You Pretty Girls, Seagulls Screaming Kiss Her Kiss Her, This World Over、Train Running Low On Soul Coal。残りのトラックは全部ピートのドラム」
posted by Miko at 06:01| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

1月29日:アンディ・パートリッジの発言「AV1は非常に不快な思い出もある。デイブは脱退、スクイーズのクリスにはひどい目に遭う、莫大な費用、悩みは尽きなかった。それでも素晴らしいレコードを世に出せた」

フォロワー「ヘンかも知れないけど、モンキーズがWrapped In Greyを再結成アルバムでやってくれたらいいのにと思う」アンディ「光栄に思うだろうね」I would have been flattered

一番好きなギターは」アンディ「難しい。気分による。"ボロンボロン"気分か、"ブンブン"気分か、アコーステック"キラキラ"気分か」Tough,as it's "What are you in the mood for",twang,buzz or acoustic twinkle

リスペクタブルストリートの歌詞で不適切な言葉がBBCラジオ用に変えられている事に関してアンディ「後で知ったのは不適切なのは実はSONYという言葉だった」「キンクスのLOLAの曲のcoca colaと言う言葉に異議を唱えたのと同じ理由。だから彼らはcherry colaに変えた」

アンディ「スティーブウィルソンはママーをサラウンド化するのが一番楽しみだと言っていた」Steven Wilson told me he's looking forward to getting his hands on MUMMER the most.

フォロワー「学校で卵を落とすプロジェクトがあった...残念だけどボクのアングリーエッグは生き残れなかった」 http://t.co/HFwR1262 アンディ「誰しも死を避けられないものさ」It comes to us all

今日のアンディ・パートリッジの呟き。ファン「I Can't Own Herのようなブロードウェイっぽい曲を作る気はないですか?」アンディ「OMNIBUSとWRAPPED IN GREYがそれっぽい感じがしないかい?」

APEフォーラムのつづき。アンディ「イースターシアターには楽曲として自分が誇れる全てがある。曲の構造、コード、メロディー、主題、歌詞、レコーディング......と、盛り沢山」

APEフォーラム続き。アンディ「悲しいことにこのアルバムは非常に不快な思い出もある。デイブは脱退しちゃうしスクイーズのクリス・ディフォードにはひどい目に遭うし莫大な費用が掛かったりして、悩みは尽きなかった。それにもかかわらず、XTCは素晴らしいレコードを世に出すことが出来た」

昨日のAPEフォーラム。アンディ「アルバムとしては当然APPLE VENUSが一番好き。今のこの歳の大人としての自分を最も反映してる。イースターシアターやグリーンマンのような楽曲が入っており過去のパターンから結構上手く脱却出来ている」
posted by Miko at 22:15| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

本日のアンディの呟き:【リリーホワイトの衝撃の告白】さっきの続き。リリーホワイト「ドラムスアンドワイヤーズのプロデュースに関してはバージンからは一銭ももらっていない!!」アンディ「マジ?{僕らは20年間一銭ももらってなかった}」リリーホワイト「本当。バージンには僕もあなた達も酷い目にあったね」

【リリーホワイトの衝撃の告白】さっきの続き。リリーホワイト「ドラムスアンドワイヤーズのプロデュースに関してはバージンからは一銭ももらっていない!!」アンディ「マジ?{僕らは20年間一銭ももらってなかった}」リリーホワイト「本当。バージンには僕もあなた達も酷い目にあったね」

アンディ
Heard 5.1 mix of DRUMS AND WIRES at Steven Wilson's yesterday. So good,it's upped my opinion of the album.COMPLICATED GAME=breathtaking
「昨日、スティーブンウィルソンの所で5.1 mixの DRUMS AND WIRESを試聴した。スッゴイ良過ぎて自分のこのアルバムに対する評価がグーンと上がった。COMPLICATED GAME=息を飲

むような迫力」

D&Wのプロデューサー、スティーブリリーホワイトがアンディにリプ
「(Complicated Game)あの曲のヴォーカルはワンテイクだったのを覚えてます!!」

アンディ
Do you recall me recording the guitar solo without hearing backing track?+Colin's shaver in the mix? It buzzed in key of G
「僕がギターソロをバッキングトラック無しで録音したのは覚えてます?あと、ミックスで入れたコリンの電気カミソリは?あれはGのキーで唸っていますよ」

スティーブリリーホワイト
I have always said recording with you guys was pretty much the easiest ever. Arrangements done, NO fat to be trimmed !
「いつも公言しているが、XTCとのレコーディングは今までで最も簡単でしたね。アレンジが出来ると、取り払うべき“贅肉”などなかったんですから!」

アンディ
I couldn't bear the shame of wasting anyones time in the studio,was a point of honour to have it all worked out.Studio expensive
「スタジオでみんなの時間を無駄にするような恥ずかしい事したくなかったから。全て思った通りに上手く行った事を誇りに思っています。スタジオって高いですからね」

スティーブリリーホワイト
probably wasn't worth it as i never saw a penny from virgin !!
「スタジオ時間を無駄にしたくないというその努力は無駄だったかも。バージンからは一銭ももらっていませんから!!」

アンディ
Seriously? {it took us 20 years to see any money}
「それ本当ですか?{僕らは20年間一銭ももらっていませんでした}」

スティーブリリーホワイト
yep. those early virgin deals screwed us all ! i even heard branson had a secret pressing plant ...
「本当。初期のバージンとの契約にはみんな騙されましたよ!(創設者)リチャード・ブランソンは秘密のレコードプレス工場を持っていたという話も聞いたことある...」

アンディ
I heard that one.I know his judge dad and duke set mum got him off 2 heavy fraud charges early in Virgin career
「それ聞いたことあります。バージン創設の頃、2つの重い詐欺罪で起訴されたが、裁判官の父親と侯爵一家の母親が釈放させたのは知っています」

リリーホワイトと友達で、XTC大ファンのニューヨークドールズのギターリストのスティーブコンテ
Stevie - which Partridge song does this refer to? I'm a fan - hi Andy! “@Sillywhite: @xtcfans I remember you doing the vocal in one take !!”
「どのパートリッジの曲の事を言っているんですか?XTCのファンです。こんにちわアンディ!」

スティーブリリーホワイト
complicated game
「complicated gameの事」

ニューヨークドールズのギターリストでXTC大ファンのスティーブコンテ
Not one of my faves from Drums & Wires but good 2 know. I like Real By Reel, The Hop, Nigel, Outside World “@Sillywhite: complicated game”
「D&Wでは好きな歌ではないですが、その情報は知らなかったので良かったです。Real By Reel, The Hop, Nigel, Outside Worldが好きです」

アンディ
Steve,loved those recordings you sent me some years back.Unfortunately APE overspent.Looke like you did good tho
「スティーブ、数年前に送ってくれたレコーディングの音源すごく良かったですよ。残念ながら、僕のレーベルAPEは予算オーバーしてしまって。でも、その後上手く行ったようですね」

ニューヨークドールズのギターリストでXTC大ファンのスティーブコンテ
Conte or Lillywhite? @xtcfans: @SteveConteNYC @Sillywhite Steve,loved those recordings u sent me some years back.Unfortunately APE overspent
「(両方ともスティーブなので)コンテの事?それともリリーホワイト?」

スティーブリリーホワイト
i never sent him songs !
「僕はアンディに歌なんて送っていないよ!」

スティーブコンテ
Trying to remember if I sent AP songs & which - maybe via Dennis Fano - Andy? @Sillywhite: @SteveConteNYC @xtcfans i never sent him songs !”
「アンディに歌を送ったかどうか思い出そうとしてるんだけど。多分デニスファノ(XTCのギターをカスタムメイドしたギターメーカー)を通して送ったやつですかね?」

アンディ
S. Conte,yes via Fano.
「スティ‐ブ・コンテ。そう、ファノを通して送られた歌の事」
posted by Miko at 10:25| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月:最近のアンディ・パートリッジの呟き:さっきのアンディ「スティーブンウィルソンの5.1 mixのDRUMS AND WIRESを試聴した。スッゴイ良過ぎる。COMPLICATED GAMEは息を飲むような迫力」 D&Wのプロデューサー、スティーブリリーホワイトがアンディにリプ「いつも公言しているがXTCとのレコーディングは今までで最も簡単だった。アレンジが出来ると、取り払うべき“贅肉”などなかったんだから!」

D&Wのプロデューサー、スティーブリリーホワイトがアンディにリプ「いつも公言しているが、XTCとのレコーディングは今までで最も簡単だった。アレンジは既に出来上がっており、取り払うべき“贅肉”などなかったんだから!」


























posted by Miko at 00:29| ニューヨーク ☀| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

最近のアンディ・パートリッジのTwitter翻訳「1週間前に好きなアルバムの全てのリフをマスターしようと決めた。トニーウィリアムズライフタイムのバージョンのVASHKARをマスター完了。今、他に挑んでいる」


















posted by Miko at 10:10| ニューヨーク ☁| アンディの発言集:音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする