2014年07月12日

Supergirlアンディ解説2:温厚コリンがトッドに憤慨「バスドラム無しでベースを弾けとか無理!」、コリンらしくないトーンのベースにアンディ改めて感激「すげえ!ジャックブルースの「げっぷ音」が充満してる。コリンは凄いベースプレイヤー」、クラプトンの名ギターを借りたデイブの素晴らしいソロは「彼の緊張が僕には聴こえる」

http://chalkhills.org/articles/XTCFans20080413.html

Sunday, April 13, 2008
Andy discusses "That's Really Super, Supergirl"
アンディが語るThat's Really Super, Supergirl
その2

Supergirlについてアンディ解説2:温厚なコリンがトッドに憤慨「バスドラム無しでベースを弾けなんて出来るわけないだろ!」、コリンらしくないトーンのベースに改めてアンディ感激「スゲエ!ジャックブルースのあの「げっぷ音」 が充満してる。コリンは凄いベースプレイヤーだった」、クラプトンの名ギターを借りたデイブのソロは「史上最高のギターを使って彼が緊張してるのが僕には聴こえる」

(翻訳者注:That's Really Super, Supergirlの歌詞、及び、このインタビューを更に味わい深いものにするにはWikipedia等でスーパーマンについて読まれるのが良いかと思います。)

*********

AP:So, it's him playing keyboards, and I'm playing the little scratchy guitar on the right-hand speaker. And, listening to it, I was reminded of the peculiarity of the drums on this.
AP:この曲ではキーボードがトッド、右スピーカーでザクザクギターを弾いてるのが僕。 これを聴いていて、いかにドラムが奇妙だったか思い出しました。

B: Yeah, I wanted to ask you about that.
TB: ちょうど聞きたかったところです。

AP: What you're hearing is Prairie Prince playing bass drum and hi-hat to a sequenced snare drum from a Utopia record. Todd asked me, "How do you see the drums on this?" And I said, "Pretty simple, but I really fancy a kind of clangorous snare drum -- very biscuit tin, almost like a kind of Beat Music drum, with a lot of ring on it." I said, "Do you know the kind of sound I mean?"
AP: AP: プレイリープリンスがUtopiaのレコードのシーケンススネアでバスドラムとハイハットを叩いているんですよ。 「この曲でのドラムはどうしようと思っている?」 とトッドに聞かれて、 「かなりシンプルにしたい。カーンカーンと鳴るスネアドラムが良いなと思っている -- お菓子の缶の音のような、良く共鳴するビートミュージックのドラムに非常に似たサウンドにしたい」 と答えたんです。「どういうサウンドか分かります?」 と聞くと、

He said, "Does it sound like this?" He pulled out the Utopia album Deface the Music, and he put a track on -- of them their kind of Rutles thing -- and I said, "Yeah, that's the sound! That snare drum on that track, that's the sound."
トッドは、「こんな音?」と言って、Utopiaのアルバム Deface the Musicを出してきて、ある曲を掛けたんですよ。Rutlesみたいなことやってる曲ですが、「そう、その音! そのトラックのスネアドラム。そういうサウンドが欲しい」 と彼に言ったんです。

He said, "I'll tell you what we'll do, we'll just lift one of these off." I can't remember if it took it off the album, or if he had the multi-track there. He probably pulled it off the master tape. So, we played to a click track -- sort of sketched it out -- and when we got to San Francisco to do the drums and other parts, poor Prairie had to sit there, just hitting his leg for a snare drum, and sat there playing the rest of the kit. The poor devil had to play around the backbeat. And that's a tricky thing to do.
すると、トッドは、「こうしよう。このサウンドをひとつ抜き取ろう。」 それがアルバムから抜き取ったものなのか、マルチトラックがあったのか忘れたましたが。おそらく、マスター・テープから抜き取ったものでしょう。クリックトラックでプレイしてみたんです − 全体的なアイデアを 「スケッチ」 するような感じで −ドラムおよび他のパートをするためサンフランシスコに行ったんですが、可哀そうにプレイリーがやったことと言えば、ただ、スネアドラムの代わりに足を叩き、残りのキットをプレイしただけ。 哀れなことにそのバックビートを刻むスネアドラムに合わせてプレイしないとならなかった。 そりゃ、やり辛いですよ。

TB: How about that little drum-roll part before the chorus?
TB: コーラス前の短いドラムロール部は?

AP: Do you know, I'm not sure whether that's Prairie live, or a little sampled roll off of a record.
AP: うーん、プレイリーが生でプレイしたのか、レコードからの短いサンプルなのか分からないなあ。

TB: It sounds as if it could be a sample.
TB: サンプルのようにも聴こえますが。

AP: I've got a funny feeling it was, but I can't remember where that came from. It's like a little Tamla roll -- boomp-de-le-lap-boomp -- which is one of my favorite drum rolls of all time. Dave Mattacks said there are two variations I've got to listen for. There's boom-de-le-lap-boom, and there's boom-de-le-lap-bom-bom. So, thanks to Mr. Mattacks for pointing out the variation there.AP:
そうじゃないかなと思っているんですが。どこにから来たのか思い出せない。Tamlaのドラムロールみたいな -- 「ブーンデレラッブーン」 -- ドラムロールで最も好きな1つなんですが。 デイブマタックスが言うにはバリエーションが二つあるから聴いてみろとのこと。 「ブーンデレラッブーン」と、「ブーンデレラッボンボン」。 ミスターマタックス、教えてくれてありがとう。

(中略)

I also remember, on some of these tracks, that Colin was very upset that Todd was asking him to play bass to no bass drum.
あと、いくつかのトラックで、コリンがトッドにバスドラム無しでベースを弾けと言われてコリンがたいそう憤慨したんですよ。

TB: I know that goes against what he likes to do.
TB: それは、コリンが嫌がることですよね。

AP: Todd said, "Look, you put the bass guitar where you hear it, and then we'll get Prairie to fit the bass drum to that." And Colin said, "No, I just can't do that!" I mean, he's a bass player, and he's got to marry up to where the bass drum hits. He's got to glue that bass into the drums and the whole feel of everything.
AP: トッドはコリンに、「さあ、ベースが要るだろうと思うところで弾いてくれ。それに合わせてプレイリーにバスドラムを入れてもらう」 コリンは、「そんなこと出来ない!」 と言い張ってね。だってコリンはベースプレイヤーですよ。バスドラムが打たれるところにベースを結合させないといけないわけよ。ベースをドラムに接着させて、そして、全ての楽器の全体的なフィーリングに接着させないといけないんです。

TB: I remember him telling me that one of the things he started to do once you guys stopped touring was to lay the bass part down last.
TB: コリンが言っていたのは、ライブを辞めた後、レコーディングでやり始めたのはベースのパートを最後に入れることだったと。

AP: Exactly. You jam along with the drummer, to get the drumming recorded, and then you can take away that guide track -- which is probably too busy a bass part -- and then, later on, be more selective about exactly what the notes are.
AP: その通り!ドラミングを録音するためベースはドラマーと一緒にジャムをするが、後でそのガイドトラックを取り去る − ベースのパートが多分過剰になっているからね。ずっと後で、ベースはどのコードが良いかもっと精選して録音するんです。

I'll tell you what, I was on the headphones yesterday, and what reminded of what a bloody good bass part it is on this. And it's an unusual tone for Colin -- I can't remember how it was cooked up, but it's got a lot of Jack Bruce burp to it. It's not a tone that I would associate with Colin at all.
昨日、ヘッドホンでこの曲を聴いていたのですが、このベースパートがいかに優れたパートだったのか思い出しました。 コリンにしては珍しいトーンなんだよね − どうやってそういうトーンになったのか忘れましたが、ジャックブルースのあの「げっぷ音」 が充満していますよ。 通常のコリンのベースサウンドから想像できないトーン。

(中略)
The melodic content of the bass is really very nice on this song -- you know, the little tumbles he does going into the chorus, and the little tumbles at the end of the chorus are really very attractive. I hadn't clocked it until I listened the other day -- because I don't sit and pick our stuff apart, you know? It's kind of freaky to do that. But I'm doing it to talk to you, and I'm sat there thinking, "Wow! I never really realized how nice that part is!" He was a great bass player.
ベースのメロディックな内容が飛び切り素晴らしい − コーラスに入る所とコーラス終結部でコリンがやってる転回が殊の外魅力あるね。先日聴くまではこんな風に分解したことなかったんですが − だって、自分たちの音楽をじっくり聴いて分解したりなんてしないですよ。そういう事するのっててちょっと変でしょ。このインタビューの為だけにやったんだけど、これをじっくり聴いて「スゲエ!」 とか思ったわけ。「このパートがこんなに素晴らしいって気が付かなかったなあ!」 コリンは凄いベースプレイヤーでしたね。

TB: We were talking about Dave playing the guitar lead before -- why don't we jump back into that?
TB: デイブのリードギターについての話に戻りませんか?

AP: Oh, yeah. We walked up to that mezzanine section of Todd's studio, and in the corner, on a skinny little rusty old stand, was Eric Clapton's psychedelic SG, which is the psychedelic guitar -- I think even Hendrix's psychedelic Strat is not as distinctive as Clapton's Fool-painted SG. That Dutch art group, The Fool, painted it.(中略) And they actually designed the original Sgt. Pepper's sleeve, which The Beatles thought was a bit cheesy, and didn't go with.
AP: ああ、そうでした。トッドのスタジオの中二階の角に行ったところ、少し錆ついた古いギタースタンドにエリッククラプトンのサイケデリックSGが立て掛けてあったんです。サイケ模様のギターですよ。あのクラプトンのFoolの絵を描かかれたSGに比べたらヘンドリックスのサイケなストラットさえ色褪せるほど際立っています。 オランダのアートグループ、ザ・フールが描いたんです。 (中略)サージェントペッパーのアルバムスリーブのアートを最初に担当したのは彼らだったんですよ。でも、ビートルズは完成アートを見てちょっと趣味が悪いと言って却下したんですよ。

Funny thing is, if you look at the Clapton guitar close-up, it's really rough. It's just fluorescent poster paint or something, which was all the rage at the time. But when Dave saw this guitar, it was like, "Oh my god, can I play this on one song?" So he used it to play the solo, which is beautifully worked up, on this song.
おかしな事に、クラプトンのギターを近くで見るとこれが非常に雑な塗りなんです。 蛍光ポスターカラーか何かで塗ってある。当時、流行っていた色。デイブはこのギターを目にした瞬間、「うわ〜スゲエ!どれか1曲でこのギター弾いてもいいかな?」 それで、この曲のソロ部でこのギターを弾いているんですね。美しいソロにしてくれている。

We'd be doing a vocal or guitar or some keys in the studio, and Dave would be off in his bedroom at the guesthouse, noting out and running through and learning and getting this solo down. Because he really wanted to rise to the challenge -- if he was going to play one of his all-time wet-dream guitars, he's going to play something that's just beautiful on it, you know?
他のみんながスタジオでヴォーカルか、ギター、あるいはキーボードを録音中に、デイブはゲストハウスに移動し、ソロ部を編み出すのに書きお越し、練習し、習得しようとしていました。心から挑戦を受けて立ちたかったんですよ − 自分にとって史上最高の夢のギター(翻訳者注:直訳は”夢精のギター”)をプレイするんだから絶対美しいものにするぞと決意していたわけ。

It's a fantastic solo -- beautifully worked out. It's really melodically appealing. But I think I can hear Dave's nerves just a little bit.
素晴らしいソロです -- 美しく編み出されています。メロディ的にもすこぶる魅力があって。でも、僕の耳にはデイブが多少緊張してるのが聴こえるんですよ。

TB: Really?
TB: 本当に?

AP: Yeah. I can hear him saying to himself, "I mustn't fuck up! I mustn't make any mistakes, this is my one chance!" I can kind of hear a little of that in his playing, but it's a great solo. Just as a melodic thing, as a little piece, it's really well thought-out.
AP: そう。聴こえるんですよ。「失敗するものか!」 って。 「いかなる失敗も許されぬ。一生に一度のチャンスだ!」 ってね。 このソロにそれがちょびっと聴こえるんです。いずれにしろ凄いソロですがね。メロディックな短いソロ、本当に丹念に考えられて編み出されています。

TB: What was the processing on it?
TB: どのような処理を?

AP: I think Dave would have liked to have played it with more of a cranked-up kind of Clapton-y sound, but it's more of a jazzy tone, and he's got a lot of chorusing on it.
AP: クラプトン風の大音量プレイみたいなのを実の所やりたかったのだろうけど、ここではジャジーなトーンですね。でも、かなりのコーラスを使っているんです。

TB: I was going to say, it almost sounds doubled.
TB: それを言おうと思っていたのですが、ダブルサウンドに近い音に聴こえます。

AP: It's not doubled. I think it has a type of a Leslie effect, or a chorusing effect, and maybe a little slappy echo. But it's only one guitar.
AP: ダブルではないね。Leslieエフェクトか、コーラシングエフェクトかな。ひょっとしたら、スラップエコーかも。ギターは一本だけですが。

But, as I say, I think ultimately Dave would have liked to have had that Claptonesque, cranked-up, Marshall/Gibson sound. Instead, he ended up with a sort of space/Jazz guitar thing.
やっぱり、究極的にデイブがやりたかったのは大音量のMarshall/Gibsonサウンドのクラプトン風ソロだったと思います。結局、宇宙空間的/ジャズ風のギターソロになったんですけどね。

(中略)
TB: Well, it certainly sounds more major than what you have on the demo.
TB: デモよりもアルバム版の方はメジャーなサウンドなのは確かです。

AP: Yes. It is. I think, instead of leaning on the G, he's leant on the D in the B-flat, which makes it a little slicker and a bit more lounge-y.
AP: 確かにメジャー。G寄りではなく、BフラットでD寄りになっているため、デモよりちょっとスムーズでのんびりした感じが出ていますね。

TB: And more radio-friendly, presumably.
TB: よりラジオで掛けやすい音でしょうね。

AP: I guess so, because he was convinced this was the single. If you hear the flavor of the whole album, this one does have the more-modern ears put to it -- you know, just in terms of sound and treatment. There's nothing quite as late 20th century-sounding on the rest of album, if you know what I mean. The rest of the music on there is anything from pagan Britain up to Victorian -- [chuckles] probably about 1930s is the latest sort of sensation on there.
AP: トッドはシングルだと確信していたのでそうでしょう。本アルバムの全体的な特色を聴いてみれば、この曲がもっとも現代的な聴覚を持っていることが分かります − サウンドと音処理に関してはね。この曲以外、アルバムにはそのような二十世紀後半のサウンドはないんです。アルバムの残りのサウンドは汎神教の英国の時代からビクトリア時代まで(くすくす笑い)。このアルバムで、おそらく最も古さを感じさせる音楽の年代は1930年代ではないかな。

TB: I'd say you'd get well into the '60s with "Earn Enough for Us."
TB: Earn Enough For Usで60年代に遡っていますよね。

AP: Oh, you're right. There you go. But this track came right up to date, and is maybe even sort of "retro future," with some of those keyboard sounds. Since he thought it was the single, it got the single treatment.
AP: ああ、確かに。 そうそう!でも、このトラックはその当時の最新サウンドだったんです。と言うか、もしかしたら「レトロな未来」感もあったかもね。ああいうキーボードサウンドが入っているし。トッドがシングルだと思ったので、シングルらしい音処理がされています。

TB: So, who was doing all those high vocal parts?
TB: 高音のヴォーカル部は誰がやっているのですか?

AP: I can hear Dave in there, but I'm guessing it's a mixture of all three of us. It may be even a little of Todd, too. I know he's on "Grass." But I can certainly hear Dave's timbre in there -- that wispiness. You know [imitates Dave] "The man with no voice -- Dave Gregory." You know what I mean? He seems have such a pink-noise content to his voice.
AP: デイブの声が入っているのが聴けますが、多分、僕ら3人の混合だと思う。トッドも多少参加しているかも。Grassではトッドは絶対に入っています。Supergirlでは、確かにデイブのティンバーが聴こえる。例の、か細い声です。分かるでしょ(デイブのマネ)、「声のない男 −デイブグレゴリー」。分かります?なんというか、声にピンクノイズが含まれているみたいなんですよね。

TB: And you've said before, that's an attractive quality -- that you would use that to your advantage in your harmonies.
TB: アンディはそれを魅力的な声質と言っていましたよね − それを上手く使いこなせばハーモニーを引き立てると。

AP: Oh, sure! If you need a little wispy air in your backing vocals, call for Dave. Because that's the tone you get when Dave sings. I mean, Dave is very upset with his own voice, because he swears he doesn't have one -- [imitates Dave again] "What's the point of me singing anything, Partsy? I don't have a fucking voice!"
AP: そう、そう!バッキングヴォーカルにわずかなかすみような声が必要な場合、デイブに頼め。デイブの歌声がそのトーンです。自分の声に悩んでいましたけどね。自分には声がないってね。(再びデイブのマネ)「おい、パッツィー(アンディの内輪のニックネーム)、俺が歌うことに何の意味があるって言うんだ?俺には声なんてものがないのに!」

TB: Then the funny thing is, you listen to Remoulds, and he does one of the best Jack Bruce imitations I've ever heard! And Jack Bruce has a pretty robust voice.
TB: とすると、おかしいのは、Remoulds(カバー曲だけのデイブの未発表ソロアルバム)を一聴すると、誰よりも上手くジャックブルースのマネをしていますよね。ジャックブルースはかなり力強い声ですよ。

AP: Well, there you go. Maybe it's Dave's lack on confidence on the singing front, you know. But I can hear him in the backing vocals, and I'm guessing it's probably Colin and Dave, and/or Dave and myself.
AP: ほらね。もしかしたら、歌うこと自体への自信のなさかも。でも、この曲では、バッキングコーラスに彼の声が聴こえます。思うに、コリンとデイブ、そして/あるいは、デイブと僕じゃないかな。

(中略)
TB: The lyrical structure is a little different, too.
TB: デモと比べると歌詞の構造がやや変わっています。

AP: Yeah, Todd did a great edit. We sent him demos on cassettes, and he dumped them on to some other tape, and edited them to what he thought was the right shape. Which I thought was pretty damned smart. I mean, initially, I thought, "What?!? He's chopping our music up?" But, you know, when you get to play it in its edited form, it's much more concise, and I like that. It's something I've grown much more respectful over, as the years have gone on -- to chop things down to size and get rid of anything superfluous.
AP: トッドが編集を上手くやってくれたんですよ。彼にカセットのデモを送ったところ、それを違うテープに落して、彼が正しいと思う歌の構造に編集してくれたんです。非常に賢い事をしてくれたと思いました。最初は、「何だと?!俺たちの音楽を勝手にカットしまくっているだと?」と思ったんですが、編集してくれたバージョンをプレイしてみると、はるかに簡潔になっているので気に入りました。曲を丁度よいサイズにして余計な部分を取り去るという作業ですが、時とともに尊重出来るようになったんですね。

But I didn't realize there are different lyrics on the demo. I'd forgotten that. I'll tell you what I do like, is the answering vocals that I came up with -- "hurt like Kryptonite" and all that. It goes up through that funny scale, creating a sort of tension, then release. You get that funny tense note, and then it releases on the top note.
でも、デモの歌詞が違うのには気が付かなかったな。忘れてた。僕のアイデアだったんですが、「クリプトナイトのように傷ついてる」等の箇所のアンサーヴォーカルが気に入っています。面白さ度では満点。緊張と緩和みたいのを醸し出しています。変な緊張した感じのコードがあって、次にトップノートでフワッと緊張をほぐすんです。

TB: Yeah, and it's also a good lead into [sings] "Now that I found just what you're doing..."
TB: それは、次の(歌う)「Now that I found just what you're doing...」への良い繋ぎとなっています。

AP: [finishes part] Yeah, and then there's that big C -- that clang. Which kind of comes out of nowhere, because we're in B-flat! Then that leads into the chorus.
AP: (続きを歌う)そう、そこで、カーンという音が鳴る。突拍子もない登場の仕方なんです。だって、Bフラットにいるのにさ!そしてコーラスに入ります。

TB: Let's talk about the lyrics a bit more. There are a lot of little jokes in here, and internal rhymes, and other things.
TB: 歌詞についてもう少し。たわいないジョークがあちこち散りばめられています。中間韻や、その他のものもあります。

AP: I can't even remember them right now!
AP: なんだったか忘れちゃったな!

TB: "I can't hold you down / If you want to fly."
TB: 「君を止める事は出来ない/空を飛びたいと言っても」

AP: That's the whole thing of, "If you want to end the relationship, I can't hold you down."
AP: いわゆる「別れたいと言うのなら、君を止める事は出来ない」という意味。

TB: Right. And there's the pun with "fly" there.
TB: そうですね。 「fly」という言葉のシャレがある。

AP: "You say you want to spread your wings and fly" ... that's the sort of shit they tell you! "Well, who the fuck do you think you are -- Supergirl?"
AP: 「翼を広げ飛んで行きたいのよ」 ....男をふる女性らはそういうバカげたことを平気で言うわけ! 「おいおい、一体、お前さん誰なんだよ、スーパーガールか?」 って。

TB: "Can't you see I'm all broke up inside / Well, just you use your two X-ray eyes."
TB: 「心がズサズサなのが分からないかい/その透視能力を使えば見えるだろう」

AP: Exactly. "I'm really hurting in here -- you've got X-ray vision, you can see that you've broken my heart!" It is really sarcastic.
AP: その通り!「俺は傷ついているんだよ − 透視力とやらを持ってるなら、君がこの心を傷けたのが見えるだろうに!」 すごい皮肉なんです。

TB: "Hurt like Kryptonite / Put me on my knees"...
TB: 「クリプトナイトのように傷付いている/僕をひざまずかせ...」(注:クリプトナイトとはクリプトン星の地質の鉱石。鉱石の放射線を3時間浴びてると死亡する)

AP: Of course. The one thing that can upset the super family is Kryptonite.
AP: 当然。 スーパーファミリーを傷つけられるのはクリプトナイトだけだから。

TB: "Now that I've found out just what you're doing / With your secret identities."
TB: 「君がやっていることが分かったよ/その秘密のアイデンティティでやっていることが」

AP: Yes. [laughs ruefully] Ooh, I'll tell you what, after my divorce, these words really hurt.
AP: そうです。(痛々しい笑い) あー、離婚の後、この歌詞が非常につらかった。

TB: "That's really super Supergirl / how you saved yourself in seconds flat."
TB: 「大したものだね、スーパーガール/瞬時に自分を救う様は」

AP: Exactly -- you didn't save me or the world! You saved yourself. And that's the sarcastic bit -- "Oh, that's really super, that is." That's that disgusted phrase that you use -- "Oh, that's great, that's really super."
AP: その通り−君は僕も世界をも救ってくれなかった!自分だけを救ったんだよ。 ここがかなりの皮肉な部分。「ああ、立派なもんだねえ、それは本当に」って。 呆れた時に使うフレーズですよ。「おお、凄いね。本当に大したもんだねえ」って。

TB: "And your friends are going to say / That's really super Supergirl / How you're changing all the world's weather / But you couldn't put us back together"...
TB: 「君の友達も言うだろうね/凄いね、スーパーガールって/世界の天候をも一変させる様は/でも僕らの仲を元通りには直せないんだよね」

AP: Yeah, "you can do something as fantastic as spinning the world backwards, to set time back to save someone, or change the weather, but you can't put us back together because of what you've done here." Ooh, I'm such a sarcastic bitch!
AP: ええ、「誰かを救う為に、地球を逆回転させたり、時間を戻したり、天候を一変させたりするような素晴らしい能力があるくせに、君が壊した二人の関係を元通りには出来ないんだね」って。うわー、僕ってなんて皮肉な野郎!

TB: [laughing] "Now I feel like I'm tethered deep / Inside your Fortress of Solitude"...
TB: (笑) 「孤独の要塞の奥深くに縛られたような気持ちだ...」

AP: Fortress of Solitude -- had to get that in. And I managed to sneak in the "bottle city of Kandor" in "Brainiac's Daughter" as well.
AP: 孤独の要塞 − これはどうしても歌詞に入れたかったんです。あと、Brainiac’s Daughterに出てくる「瓶に閉じ込めたKandorの町」も入れておきました。

TB: And there's that good internal rhyme there, where "you couldn't put us back together / now I feel like I'm tethered..."
TB: 良く出来た中間韻もありますね。「you couldn't put us back together/now I feel like I'm tethered(注:“together”のetherと“tethered”のetheredが韻を踏んでいる)...」

AP: Along with "weather," as well.
AP: 「weather」と一緒にね。

TB: "Don't mean to be rude / But I don't feel super / Supergirl."
TB: 「気を悪くさせるつもりはないけど/僕は冴えない気分だよ/スーパーガール」

AP: Yep, the play on "super" there.
AP: superで言葉遊びをしています。

TB: "I won't call again / Even in a jam / Now I realize you could be on a mission / Saving some other man." And that's the part that you edited, since this verse on the demo is twice as long.
TB: 「もう電話しないよ/困ったときでも/君の大事な任務を知ったから/他の男を救うという任務を」この歌詞の部分が編集されていますね。デモではこの部分の長さが二倍あります。

AP: Yeah, and I think that was a good move, that that got chopped out.
AP: そう。良かったと思います。カットして短くなったのは。

TB: Then it goes on from there. Funny that you say, "Well I might be an ape," given your record label!
TB: 次に、これをアンディが言ってるのが可笑しいですよね。「僕はのろま(ape)かも知れないが」という所。アンディのレコードレーベル名(APE HOUSE)を思うと。

AP: There you go! And I'll tell you, when I heard that line on headphones yesterday, that hurt. "I might be an ape / but I used to feel super." Oooh...
AP: そう、確かに!それでね、この部分を昨日ヘッドホーンで聴いていて辛かったです。「僕はのろまかもしれないけど/以前は最高の気分だったものだ」というところ。おお、いてえ…

TB: That's one of the lines that gets me in this song, too, because you're saying, "Dammit, I was happy before I met you."
TB: この一行がこの歌で強い印象を与えます。だって、つまり、「畜生、君に会う前は幸せだったのに」 と言っているんですから。

AP: [laughs] Kind of, yeah. Hindsight hurts. That's a measurement of grief! I guess it's the Hindsight hertz scale.
AP: (笑) そんな感じだね。後に思い知るのって傷つくもんですよ。悲しみの度合いだね!下種の後知恵って悲しみの度合い測定なのかも。

*************

XTCとトッドラングレンの汗と涙と口論の結晶、Skylarkingの極性修正版をまだ買っていらっしゃらない方!ぜひ、アンディのレーベルからどうぞ〜!https://www.burningshed.com/store/ape/product/351/5557/
posted by Miko at 02:01| ニューヨーク ☁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

XTC - That's Really Super, Supergirl

君を引き止めることは出来ない
空を飛びたいと言うのなら
わからないかい、僕が深く傷ついているのが
そのXレイ・ビジョンなら見えるだろ

まるで、クリプトナイトに
やられたように傷付いてる
君が秘密のアイデンティティで何をしているのかわかったから

お見事さ、スーパーガール
一瞬のうちにサッと自分自身を助け出す様は
君の友達は口々に言うだろうよ
すごいね、スーパーガール
世界中の天候まで一変させてしまう様は
でも、その君でさえ僕らの仲を直すことは出来なかったわけだ
まるで孤独の要塞の奥に鎖でつながれてるような気持ち
君には悪いけど
僕の気分は最悪
スーパーガール

もう電話しないよ
困ったときでも
だって君には大事な任務があるかもしれないから
他の男を助け出すという

お見事さ、スーパーガール
一瞬のうちにサッと自分自身を助け出す様は
君の友達は口々に言うだろうよ
すごいね、スーパーガール
この宇宙が破滅するのを止めた様は
でも、その君でさえ僕の涙を止めることはできない
まるで、君は躍起になって
そのマントの下のほこりのように僕を追っ払おうとしてる、
僕はまぬけな男かもしれないけど
以前は自分だって結構いけると思ってた
スーパーガール

お見事さ、スーパーガール
一瞬のうちにサッと自分自身を助け出す様は
君の友達は口々に言うだろうよ
すごいね、スーパーガール
世界中の天候まで一変させてしまう様は
でも、その君でさえ僕らの仲を直すことは出来なかったわけだ
スーパーガール
この宇宙の破滅さえ止めた様は
でも、その君でさえ僕の涙を止めることはできない
お見事さ、スーパーガール
僕は君の孤独の要塞の中
君には悪いけど
僕の気分は最悪さ
posted by Miko at 07:30| ニューヨーク ☀| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

That's Really Super Supergirlのアンディの解説「僕をふった複数の女性の事を皮肉を込めて歌っている。僕はいつもフラれる側だったから」、「トッドの録音テイクに対する大雑把さにはみんな驚愕。トッド:” 今のでOK。よし次”、メンバー:”でも間違えたんだけど!”、トッド:”大丈夫!はい次!”」

http://chalkhills.org/articles/XTCFans20080413.html



Sunday, April 13, 2008
Andy discusses "That's Really Super, Supergirl"
アンディが語るThat's Really Super, Supergirl

その1


「この曲は過去に僕がフラれた複数の女性の事を皮肉たっぷりに歌っている。僕はいつもフラれる側だったから…」、「トッドの録音テイクに対する大雑把さにはみんな驚愕した。トッド:”今のでOK。よし次”、メンバー:”でも間違えたんだけど!”、トッド:”大丈夫!次!”」

TB: Let's talk about Supergirl. Why her?
B: スーパーガールについて。 なぜ彼女を選んだのでしょう?。

I was a huge fan of Superman, but I wasn't a huge fan of Supergirl, I must admit.
AP: スーパーマンは大ファンだったものの、正直、スーパーガールに関してはそんなにファンではなかったんですがね。

TB: Well, she seemed like an afterthought, created to take advantage of his popularity.
TB: うーん、スーパーガールは後々考え付かれたキャラクターです。スーパーマンの人気を利用して。

AP: Yeah, there were loads of afterthoughts. There was even a fucking Superturtle!
AP: そう、スーパーマンの後、数多くのキャラクターが考え出されました。 クッソふさげた「スーパータートル(亀)」なんていうのもありましたよ!

B: [chortles] C'mon.
TB: (声高に笑う)冗談でしょ!

AP: I'm not joking! There was a flying tortoise in a cape! And there was Streaky the Supercat! [laughs] Because Superboy had the dog, didn't he. And Supergirl had Streaky.
AP: ジョークじゃないですよ! マントを纏った空飛ぶ亀っていうのがあったんです!Streaky Supercatなんてのもあった(笑)! スーパーボーイの愛犬に対抗してスーパーガールには愛猫Streakyがいた。

TB: [laughing] Because chicks dig cats.
TB: (笑)女性は 猫好きですから。

AP: Exactly! And she had a super horse, too. [laughs] I'm not sure how the horse got from Krypton to Earth -- well, he galloped, obviously. A chunk of stable flew off into space! [laughs] A chunk of a gymkhana!
AP: そう! その上、スーパーガールにはスーパーホース(馬)もいたし(笑)。 一体どうやってその馬とやらがクリプトン星から地球まで移動したのかは謎 -- まあ、ギャロップで走り抜けて来たんだろうけど。馬小屋丸ごと宇宙空間を駆け抜けて(笑)! 馬術競技会そのまんま丸ごと!

But I was um'ing and ah'ing about writing a song about a Supergirl...
スーパーガールの歌を実際書くまで長い間 「あー」、「うーん」 って躊躇してたんです。

TB: Why? What gave you that idea in the first place?
TB: どうして? 書こうと思ったきっかけは?

AP: Early on, I wanted to write a song about Supergirl -- I thought, "Yeah, great, I can get all my DC stuff into a song, and I'm singing it to a girl." And then Stevie Wonder brought out this wonderful early Moog synthesizer-driven song, "Superwoman," which I think is on the album, Music of My Mind, and I thought, "Drat, I've been pipped to the post." Of course, he's singing about a super woman, rather than a cartoon character, but that put me off for years. I came back to the idea in the '80s.
AP: Supergirlを書きたいと思った最初のきっかけは -- 「これはイイぞ、大好きなDCコミックについて一つの歌に出来るぞ。女の子に向かって歌ってる設定の曲にしよう」と思ったから。その後、Stevie Wonderが初期Moogシンセを駆使した素晴らしい曲 Superwomanを出したんですね。Music of My Mindのアルバムに収録されているはず。「クソッ、先を越された」と思ったんです。 当然、彼の方はマンガのキャラではなく実際の超人的な女性についての歌ですがね。先を越されて意欲をそがれたので、その後何年も延び延びにしていて。やってみようと思い直したのは80年代に入ってから。

I guess I'm singing the song as a typical hurt male, because in relationships I was always the dumpee, never the dumper.
この曲では、典型的な女に心を傷つけられた男を歌っているんです。自分は恋愛関係では常にふられる側でね。一度としてふる側だったことがない。

TB: A lot of lyricists or poets will wait for inspiration to strike -- that's the only time they can write. But you seem to be able to be able to draw on experience, like most good artists -- even when you're not in the middle of it, you can take an idea and an experience and work with it.
TB: 作詞家や詩人の多くは詩の創作へのインスピレーションが来るのを待つものです --- インスピレーション無しでは書けない。ところが、アンディの場合、多くの優れたアーチスト同様、自分の経験に基づく歌詞が多い -- 経験している真っ最中ではなくても、過去の経験と現在持っている歌のアイデアを上手く合わせて歌詞を作ることが出来ます。

AP: I think it's because I save stuff up. I save emotions up, I save feelings up. I'll get in touch with something, and a little metaphor will hook me, like a fish hook, and instead of blood coming out, all this stored-up emotion will come out. I'll think, "Oh my god, of course -- that's me getting dumped again," or "That's me finding out she was fucking another man," or whatever. Instead of blood and plasma, all this hurt comes out, and you suddenly find yourself giving words to stuff like that.
AP: それはね、僕は溜めこむ癖があるからじゃないかな。感情を溜め込むし、気持ちを溜め込むから。なにかの出来事に遭遇する。すると、それに関するちょっとしたメタファーが心に引っ掛かる。まるで釣り針のようにね。でも、(メタファーという)釣り針に引っ掛かって血が出る代りに、それまで溜め込んできた感情がブワーッと吹き出すわけ。そこで思う、「うわ〜、そうだ、このメタファーが示唆しているのは言うまでも無く -- 誰かにまた捨てられる俺の事だ」、あるいは、「自分の女を他の男に寝取られた事を知ってしまう俺の事だ」ってね。釣り針で出るのは血や血しょうではなく、内に溜め込んであった心の傷が一切残すところなく吹き出だすんですよ。ふと気が付くと、その心の傷に言葉を与える自分がいるわけ。

TB: You work other emotions, too. The joy of infatuation, for example -- "You're the Wish You Are I Had" comes to mind.
TB: それ以外の感情も歌詞にしていますよね。恋焦がれる喜び -- You're the Wish You Are I Had とか。

AP: Oh, you do it with joy stuff, as well! You've hidden away good sensations, or confused sensations, or whatever. But in this case, it was not one specific woman. I guess it was a kind of Bride of Frankenstein of all the women who've ever dumped me. You know, they give you a lot of high ideals, like they're dumping you for your own good. They're dumping you to save you from yourself. Do you know what I mean? They give you all that shit. They try and make it more acceptable -- they give you some creative lying.
AP: ああ、喜びの感情も歌にしますよ! 気持ち良い感覚、あるいは気持ちが混乱した感覚、どういう感覚であろうが歌にします。スーパーガールの場合、ある特定の一人の女性ではありません。僕が失恋した全ての女性を集めて継ぎ合せたフランケンシュタインの花嫁って感じ。ほら、良くいるでしょう、別れる言い訳として、いかにも崇高な事を言ってくる女性って。男を振るのはそいつのためを思えばこそみたいな。ああいう女性は、あなたをあなた自身から救うためにふるというわけ。分かる? そういうクソふざけた言い訳なわけ。彼女たちは男を捨てるという行為で非難を受けないように -- たいそう独創に富んだ嘘を付きますよ。

TB: Right. It's the whole "It's not you, it's me" thing.
TB: そうですね。良くある「悪いのは私。あなたじゃないの」ですね。

AP: "It's not you, it's me." Or, "You're just too good for me. I don't deserve you, so I'm dumping you to save you the pain of ..."
AP: そう、「悪いのは私。あなたじゃない」、あるいは、「あなたは私なんかにはもったいないわ。あなたには私なんてふさわしくない。あなたを捨てるのは傷つけたくないから…」

TB: [laughing at the irony] "I don't deserve you, so I'm leaving you."
TB: (アンディの皮肉に笑う)「私なんてあなたにはふさわしくないから別れるのよ」

AP: Yeah! [laughing] You know, all that kind of shit. But "Supergirl" isn't one girl -- it's an amalgam of all the women who had better things to do than be around me. [chuckles] And, you know, the better things they had to do obviously involved saving the planet, and all that -- so, there's a facetious part of it, a little sarcasm in it.
AP: そう(笑)! そういうクソ見え透いた嘘。でも、スーパーガールは特定の一人の女性ではなくて -- 僕なんかと付き合うよりもっと他にましな事があった様々な女性達の混合キャラ(くすくす笑)。この曲では、その “僕なんかと付き合うよりマシな事”と言えば地球を救う事ですよね -- それに対する冗談の部分と多少の皮肉が歌詞に含まれています。

TB: The lyrics, I think, are very clever in the way they pull all the superhero imagery in. For instance, "Now I realize you're on a mission saving some other man."
TB: 歌詞は、スーパーヒーローのイメージの使い方が気が利いています。例えば、「やっとわかったよ、君が他の男を救う任務を負っている事を」

AP: Exactly. It's one of the few sarcastic songs I've ever written, because I don't do sarcasm very well.
AP: その通り。皮肉を用いた数少ない歌の一つ。歌で皮肉を扱うのが苦手なので。

TB: And there you were, doing it with Mr. Sarcasm.
TB: 皮肉な歌を、しかも「ミスター皮肉屋」と一緒にやってのけたんですよね。(注:ミスター皮肉屋とはトッド・ラングレンの事。スカイラーキング中、皮肉を何度も飛ばしてアンディのご機嫌を損ねた)

AP: [laughs] And the shame of it is, he has your first name as well, which is really not good for this conversation!
So yeah, we recorded it with Herr Rundgren in der bunker -- Utopia Sound. He'd had the demo, which was eminently more Blues-y. If you hear the version on Fuzzy Warbles...
AP: (笑)そして、これまた酷い事に、インタビュアーのあなたはそのミスター皮肉屋とファーストネームが同じ。この会話をするにはふさわしくない!
とにかく、この曲はハー・ラングレン(“ハー”はドイツ語で“ミスター”の意味)と彼の掩体壕であるUtopiaサウンドで録音しました。(注:ここで、アンディは皮肉の意味でトッドを独裁者ヒットラーに比喩して片言ドイツ語を使っているのに注目) トッドに渡したデモがあるのですが、それが極めてブルージーなんです。Fuzzy Warbles版で聴けば…

TB: Right, it's on Fuzzy Warbles Vol. 4, and you've got the little beat box going on in the background...
TB: 確かに、Fuzzy Warbles Vol. 4に収録されています。バックグランドでビートボックスが鳴っていますが…

AP: Little beat box clanging away...
AP: 小さいビートボックスがカチャカチャ鳴り続いている…

TB: And harmonica all over it! Tell me more about that.
TB: ハーモニカも曲中くまなく鳴っている! その辺について教えてください。

AP: I'd written it with these rather exotic chords, which are sort of sixth chords -- a B-flat with an open G ringing -- and I thought, "Oh, that's rather slick and shiny. I kind of fancy playing a Blues harmonica all over it." So, you get the earthiness of the Blues-y harmonica against this stainless-steel, Metropolis, Chrysler Building architecture of these sixth chords, and I thought it was a nice mixture.
AP: 6thのコードみたいな、幾分エキゾチックなコードで作曲したんです -- 開放弦GでBフラット -- 「これ、結構、洗練されてピカピカ輝いてる感じだ」と思ったんですね。「ちょっとブルース風ハーモニカを全体的に乗せてみたいなあ」と。 つまり、6thのコードが醸し出すステンレス調メトロポリス、クライスラービルの建築に対してブルース風ハーモニカの洗練されない泥臭さを合わせるのは良いなと考えたんです。

I remember when we were recording the song -- Todd was trying to master it ..board, and Dave whispered to me, "He's got the chords wrong!" I think he thought the chords were major, and they're not. If we're in B-flat [plays chord on guitar], the actual notes I'm playing in ascending order are B-flat, F, A, open G, F, B-flat. I think Todd thought it was [plays major version, which includes a D rather than an open G], which is much cheesier. But I'm not playing a major, I'm playing an inversion of B-flat sixth. [Sings the notes behind "I can't hold you down," and plays the correct chord on the word "down"] But he's hearing like [repeats, ends on major chord] -- which is like your classic sit-com "open to living room" chord! I was hearing it a lot more clangorous.
この曲の録音時、トッドがキーボードのコードをマスターしようとしていてね。デイブが こそこそと耳打ちするんですよ。「トッドのコード間違ってるぞ!」どうやらトッドはメジャーのコードだと思ったらしいが、実はメジャーではないんですよね。Bフラットでは (ここでアンディがコードをギターで弾く)、実際に弾くコードの 昇順はBフラット、F、A、開放弦G、F、Bフラット。多分、彼は これだと思ったのだろう (ここで、開放弦GではなくDを含む前述のコードのメジャーヴァージョンを弾く)。これだと陳腐なコードになっちゃう。メジャーではなくて、Bフラットの6thのコードの転回をやっているんです。(ここで、「I can't hold you down」の背景の音を鼻歌し、「down」という単語の部分で正しいコードを鳴らす)それなのに、トッドにはこんな風に聴こえている、 (ここで、前述のコードを繰り返し、最後の「down」でメジャーコードにする)-- これだと、TVの連続ホームコメディでお馴染み 「誰かが居間へのドアを開ける」時に掛かる典型的音楽のコードになっちゃう!僕にはもっとカーンと聴こえたんですよね。

So, I fancied doing it with a harmonica, but he talked me out of it, because he was convinced that this was the single on the album.
ハーモニカを入れたかったのだが、この曲はアルバムのシングルカットになると確信していたトッドにシングルにはふさわしくないということで断念させられました。

I was talking to Dave yesterday, and he reminded me that, on a supposed day off while doing the album, Herr Rundgren said, "Let's go to New York and buy some instruments." So we jumped in his camper van kind of thing -- which was like an Ovation guitar on wheels [laughs] -- really tacky fake wood and fretwork and all that kind of shit -- and drove for god knows how long to New York City. We went to these big music places, I can't remember where exactly they were...
昨日デイブと話していたんですが、彼が思い出させてくれたことがあったんです。アルバムレコーディングが休みの日にハー・ラングレンが “ニューヨークに楽器を買いに行こう” と誘ってきたんです。 早速、トッドのキャンピングバンらしき代物に飛び乗ったんですけど、このバンがなんだかオベーションギターに車輪をくっつけみたいなやつで(笑)、実に安っぽいニセの木製、雷門細工みたいなクソださいもので作られたバンなんですよ。それで、ニューヨークまで気が遠くなるほど長時間乗って行ったんですね。現地に着くと、あちこちの大きな楽器屋に行ったんですけど、どこだったっけ...

TB: Yeah, on 48th Street. All the big music stores are clustered along one block there.
TB: ああ、48番通りでしょう。 あの通りに大きい楽器店が全部軒並み建っていますね。

AP: There you go. And of course, they were not worthy, these assistants. They were all bowing and scraping to him, and they didn't know who the fuck this bunch of limeys were, just getting in his way. [American voice] "Can you get out of the way? I'm trying to serve Mr. Rundgren!"
AP: そう、そこです! 当然、店員等がしょうもない奴らで。あいつらときたら、揃ってトッドにペコペコしちゃってさ。僕らなんか、トッドの買い物の邪魔でしかないイギリスの連中、こいつら一体何者だよって感じであしらわれてね。 (アメリカ人の発音で)「邪魔なのでどいてくれます?ラングレン様のご購入のお手伝いしているので!」とか言われたんですよ。

He was saying things like, "Well, that's nice, that's a nice little small-scale guitar" -- it was called a Tiple -- so he said, "I want one of those." And he found a Prophet-10 synthesizer, which was basically two Prophet-5's built together in one box, and we had to wheel this bloody thing blocks and blocks to get to his camper van.
トッドは、「うーん、それ良いな。そのミニギター良いね」とか言って -- Tipleと呼ばれるギターですが -- 「あれ一本くれ」と。 あと、Prophet-5を二台くっつけて作ったみたいなProphet-10を見つけて買ってました。そのクソでかいやつをキャンピングバンまでカートに乗っけて何ブロックも押す羽目になりましたよ。

The more I think about it, the more I'm starting to wonder if that shopping spree was him spending some of the album budget ostensibly on instruments that would go on these tracks -- but obviously he was just buying them for himself! Because we never took any of it away with us.
考えれば考えるほど疑問に思えることがあります。彼のあの買い物三昧は、アルバム制作予算の一部をこれらトラック用の購入品の経費に充てがうように見せ掛けて実は、明らかに自分用に買っていたのではないでしょうかね。購入品のうちひとつとして僕らの手元には残りませんでしたから。

So he bought this Prophet-10, and of course he wanted it all over this track. That meant that the idea of using a Blues-y harmonica got ditched, and all these Prophet-10 sounds -- and there are dozens of them -- got layered all over that recording.
ま、とにかく、トッドはProphet-10を手に入れたので、当然このトラックにもくまなく使いたかったんです。 ということは、ブルース風ハーモニカを使用するアイデアはカットされ、Prophet-10のサウンド数十個をこのトラックのレコーディングに何重にも入れたんです。

TB: So, all the different keyboard parts are that Prophet-10?
TB: ということは、この曲で聴かれる異なるキーボードのパートは全部Prophet-10ですか?

AP: Yeah, I think so. Maybe a couple of them were DX7.
AP: そのはず。 多分、幾つかはDX7かな。

TB: Did he and Dave split keyboard duties? I know Todd played some of the parts.
TB: トッドとデイブはキーボードの分担をしたのですか? トッドがいくつかのパートを演奏しているのは知っていますが。

AP: I thought they did, but I rang Dave yesterday evening, and he said, "No, I'm not playing anything on this track other than the guitar solo." In fact, all the keyboard parts are Todd.
AP: 分担はしたと思ったのですが、実は、昨日デイブに電話で確認したところ、「いや、自分はギターソロ以外このトラックでは一切何も演奏していない」と言うんですね。 つまり、キーボードの全パートをトッドが担当していることになります。

TB: So Dave doesn't even play rhythm guitar?
TB: では、デイブはリズムギターさえやっていないと。

AP: He doesn't play anything other than the guitar solo, and I'd forgotten that. I do remember that none of the keyboard parts are sequenced -- they're all played in by hand.
AP: ギターソロ以外、全く何もやっていない。僕も忘れていました。 憶えているのは、キーボードのパートはどれもシーケンスされていないということ -- すべて手で演奏されたんです。

TB: Even that very percussive part at the beginning?
TB: あの冒頭の非常にパーカッションぽい部分も?

AP: Right, that bit at the beginning is sequenced -- that's the only thing. It's like a little distorted beat-box thing. I've got a feeling that it's probably programmed Fairlight, because he had one there that he was pretty keen on.
AP: そう、あの最初の部分はシーケンスされていますね -- シーケンスはあそこだけ。 なんだか歪んだ小さなビートボックスみたいなやつ。 思うに、あれはプログラムされたFairlightだったんじゃないかな。あのスタジオには彼がたいそう熱中していたFairlightがありましたから。

In fact, I think that, there is a mechanical programmed backbone to a lot of the songs. Like, for example, in "Meeting Place," there are cranky industrial sounds...
今考えると、あのアルバムには曲のバックボーンとして機械的プログラムがあるのが多いですね。例えば、Meeting Placeとか。カチャカチャという産業機械的サウンドがある…

TB: Yeah, that was the first one that came to mind for me.
TB: はい、最初に頭に浮かんだのがその曲でした。

AP: In "Summer's Cauldron," it's all natural noises -- insects and dogs and crickets and god knows what. In "Dying," it's a clock ticking away. So, the Fairlight is also pretty much throughout the album. But on this one, the only thing that was programmed, that I can remember, was that intro. But all the actual keyboard parts are just played live, and it's all old banana fingers himself.
AP: Summer's Cauldronは、全て自然のノイズですからね -- 虫、犬、コオロギ、その他、神のみぞ知る何だか良く分からぬ物まで。 Dyingではカチカチ、時計の音。 考えれば、Fairlightは本アルバム全体に駆使されているな。 でもこの曲に関しては、憶えている限り唯一プログラムされた部分は、あのイントロ部だけ。 その他のキーボードパートは生で演奏されましたよ。全部トッドの手によるもの。

TB: Yeah, I remember reading that you guys were appalled at what Todd would consider a good take.
TB: そうそう、何かのインタビューでアンディ達がトッドの言う「良いテイク」というものに愕然とさせられたというのを読んだ覚えがあります。

AP: Oh, yeah! His keyboard technique was incredibly primitive. I thought mine was bad, but his was on a par with mine. You know, he'd use something like two fingers on his right hand, and one finger on his left, and that'd be it. And I can still hear it -- the shoddiness of the playing.
AP: そう、そう! 彼のキーボードテクニックときたらとてつもないぐらい初歩レベルでしたから。 僕は自分のキーボードテクニックは酷いと思っていましたけどトッドは僕に匹敵しますよ。右手の指二本、左手の指一本、とかでやるわけ。それだけ。今でも耳に蘇りますよ -- あのとんでもない演奏が。

You know, it's fine, it's part of the character of the stuff now, and you can't complain, but at the time, we were all looking at each other and going, "He's not going to keep that take, is he? That is so rough."
でもさ、もう別にいいんですよ。あれはあれでアルバムの個性の一部だし。文句言えないですよ。しかしねえ、当時は、あの酷さに僕ら互いに顔を見合わせたものですよ。「おい、まさか、あの人今のテイクを使わないよな?すげえ雑だぜ」ってね。

But he had this thing where, you know, he had to get it finished on-time, because it'd be more money for him, if you see what I mean. He could move on to the next project. But we were appalled that we'd only get one or two takes on something, and that'd be it. You know, "Okay, that's good. Move on." "Oh, but there are mistakes on it!" "Doesn't matter! Let's move on."
でも、トッドがこだわっていたのはとにかくレコーディングを予定通りに完了させることだったんです。予定通りに終わって金銭上得をするのは彼でしたからね。分かります? だって、そうすれば、次のプロジェクトに進めるでしょ。一方、僕らはたったテイク1、2回しか許されないのには相当驚きましたがね。つまり、「オーケー、今の良かった。次に行こう」、「あ、でも、間違えちゃった所があるんだけど!”」、「そんなの大丈夫!次」

TB: It adds character, right? [laughs]
TB: 逆境により人は鍛えられる、ですよね(笑)?

AP: [chuckles] I guess so, yeah. I mean, I'm not upset about it now. I think we all were then. "What, he's going to let that go? No producer we've ever been with would have let that go." But yeah, that's the sound of the record.
AP: (くすくす笑い) そうかもね。もう怒っていませんけど。 あの時はみんな、「なんだと?間違えたのに、そのまま残すだと? 今まで雇ったプロデューサーのうち間違えたテイクをそのまま使っちゃう人なんていないぜ」とか怒ってましたよ。まあ、なにはともあれ、それがレコードのサウンドになってしまったんだよね。
posted by Miko at 07:22| ニューヨーク ☀| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

XTC - Ballet for a Rainy Day

オレンジ色とレモン色の
レインコートが街中に溢れる
果物がトレーから落ちて あちこちに散らばったみたい
雨で濡れた髪の毛はパイナップル頭
せっかく整えたヘアスタイルがめちゃくちゃ
陽光が次第に弱まって暗くなる

雨の日のバレエ
濡れて消滅する奇跡劇のサイレント映画さ

真っ赤なアップルとチェリーが
雨水に流されて消えていった
ストライプの日よけの色の明るさにびっくりさ
絵の具の筆を走らせて
新たな世界を呼び出し
今ある世界が徐々に押し流される

雨の日のバレエ
濡れて消滅する奇跡劇のサイレント映画さ
雨の舞 家の窓から眺める
ゆっくりと下がってくる灰色の空をバックドロップにして

雨の日は空から
絵の具箱の中のあらゆる色が降ってくる
雨の日は空から
最前列席のチケットが降ってくる
屋根の上の観劇さ

オレンジ色とレモン色の
レインコートが街中に溢れる
真っ赤なアップルとチェリーが
一緒くたに ばらまかれたダイヤの中に放り込まれる

雨の日のバレエ
濡れて消滅する奇跡劇のサイレント映画さ
雨の舞 家の窓から眺める
舞台の幕の裏 銀幕が落ちる
雨の日のバレエ
濡れて消滅する奇跡劇のサイレント映画さ
雨の舞 家の窓から眺める
ゆっくりと下がってくる灰色の空をバックドロップにして
posted by Miko at 12:14| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - 1000 Umbrellas

一千本の傘を
仰向けにしてもこんなに一杯の雨は入りきれない
それは この頭からびっしょり流れ落ちる雨
きみが二人はおしまいねと告げた時
ぼくは泣いて
涙の河で下流まで押し流され
惨めという町に辿り着くまで泣いた

惨めという町
惨めという町

一千個のティーカップでも
こんなにいっぱいの湯水は入りきれないはずだ
それは この瞳からこぼれたんだ
二人が喧嘩した時
今はもう気も狂わんばかり
壁紙がロードマップに見える
「惨め」という最終地点を示してる

よくも そんな風ににっこり笑って天気予報できるね
「天気は のち晴れ」
「貴方はすぐに彼女を忘れるでしょう」
「明るい日差しを浴びれば」なんて言って

どうしてそんな風ににっこり笑って天気予測できるんだい
「天気は のち晴れ」なんて、
一度も女性にふられたことなどないくせに

やっと景色が黄金に輝き始めたと思ったら
一千本の傘がパッと開いて眺めが台無しとなる

100万の塩水湖を
学校の地図帳で見たことを思い出す
この涙で塩水が地図帳から溢れ出すかも
サニー・ジムでさえその湖は広大で跳び越せない
一体どうしたら喜べるのか
町の鍵をもらったとしても
それが「惨め」という名の町だったら
「惨め」という名の町だったら

モップとバケツを手に
彼女のことは忘れて
モップをかけてふき取ろう
涙で水浸しになったところを
そうすれば道化師がこっそり忍び入り
ぼくの心を支配した君主を倒してくれるさ
「惨め」という名の君主を

よくも そんな風ににっこり笑って天気予報できるね
「天気は のち晴れ」
「貴方はすぐに彼女を忘れるでしょう」
「明るい日差しを浴びれば」なんて言って

どうしたらそんな風ににっこり笑って天気予測できるんだい
「天気は のち晴れ」なんて
一度も女性にふられたことがないくせに

やっと空が梅雨明けの青空になったと思ったのに
一千本の傘がパッと開き
二千本の傘がパッと開き
遂に一万本の傘が開いて ぼくの眺めが台無しとなる...

*Crawling the wallpaper: "Crawl up the wall(苛立つ、気が立つ、狂いそうなほどイライラする)"と同義。
posted by Miko at 11:40| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Season Cycle

四季の移り変わり めぐりめぐる
冷たく枯れた大地から生命を誕生させる
緑が茂ってくる
青々と茂ってくる
ふと不思議に思うことってないかい
流れる雲
雹(ひょう)
かみなり
赤ん坊
へその緒
四季のペダルを押すのは誰なんだろう?

夏が逃げて秋となり
秋が逃げて冬となる
季節のサイクルは死と再生の繰り返し
冬が逃げて春となり
収穫をもたらし 男に伴侶を恵んでくれる
春爛漫となり
緑が茂ってきた
青々と茂ってきた

思いにふけることがあるかい
考えた事があるかい
遠くなだらかな丘陵の形成について
森羅万象みな密接につながっていること
ぼくら 緑の銀河の中どこへ行くのだろうって
四季のペダルを押してるのは誰なんだろう?
繰り返し押し続ける 何度も何度も

頭が混乱する 天地万物を作ったのは誰なのか
あの世に神はいるのか
どこの教団でも自分たちの教えを信じれば天国に行けると言う
せっかくだけど 神のご加護など要らないよ
ここが天国なんだ...!

秋は気高く
春はおどけてる
夏を塗り替えるため
冬を休業する...

ふと不思議に思うことってないかい
考えた事があるかい
流れる雲
雹(ひょう)
かみなり
森羅万象みな密接につながっていること
赤ん坊
へその緒
四季のペダルを押すのは誰なんだろう?
季節のサイクル

思いにふけることがあるかい
考えた事があるかい
遠くなだらかな丘陵の形成について
森羅万象みな密接につながっていること
ぼくら 緑の銀河の中どこへ行くのだろうって
四季のペダルを押すのは誰なんだろう?
posted by Miko at 11:30| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Earn Enough For Us

ずっと一週間毎日祈ってる
家でも 仕事場でも バスの中でも
君とずっと一緒に居れるようにと
生活できるだけ稼げるようにと

上司に恥をかかされるのには耐えられる
罵倒にも耐えられる
心配なのは週末までに
生活できるだけ稼げるかってこと

家を買ったんだけど ガタガタで
窓はひび割れ
屋根は穴だらけ
僕たちは貧しいとしても
同じ境遇の人たちより悲しむことはないさ
二人には生活を豊かにしていくゴールがある
君と結婚できるの嬉しいよ でも実は
祈ってるんだ 君とずっと一緒に居れるように
生活できるだけ稼げるようにと

妊娠したって言うんだね?
いよいよ僕も父親になるんだな
誤解しないで、もちろん嬉しいよ
でも家計がかなり厳しいんだ
夜の仕事も探してくるよ でも実は

上司に恥をかかされるのには耐えられる
罵倒にも耐えられる
心配なのは週末までに
生活できるだけ稼げるかってこと
僕たちは貧しいとしても
同じ境遇の人たちより悲しむことはないさ
僕たちは生活を豊かにしていくゴールを持ってる

上司に恥をかかされるのには耐えられるよ
罵倒にも耐えられる
心配なのは週末までに
生活できるだけ稼げるかってこと
posted by Miko at 11:21| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Big Day

今日は重大な日 君にとって重大な日
結婚したいんだね
しっかりコミットして 台無しにしちゃだめだよ この日の思い出
教会の鐘の音で耳が聞こえなくなったのかい
結婚は天国か地獄の分かれ道
夫と妻二人用の独房に入れられて
結婚式の日はあっという間に過ぎるが
式が終わった後に人生は続く
でも君たちの愛の炎は輝き続けるのだろうか
この重大な日のように

離婚の統計データでははっきりしたことは分からないが
結婚を持続できるかい 永遠に お互いに
これだけは覚えておきなよ
何人もの夫婦が富や名声というものに惑わされてひどい目に遭っている
愛は現れるし 消えていくこともある
君たちの結婚が成功するのかどうかはわからないが
愛しているならそれを示さないと駄目だよ ちょうどこの重大な日のように
君は新参者さ
重大な日さ
新郎スーツを着こなして
重大な日のように
バリッと決まっているよ
重大な日さ
結婚証明書の点線の上に署名をして
重大な日さ
結婚行進曲が流れる日さ
posted by Miko at 11:12| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Another Satellite

僕の心は既に誰かのもの
宇宙のどこかでさまよっているわけではない
君のまんまるい顔なんか見たくないよ
いったいどうして僕の周りをうろうろするんだい
これが深刻な問題だってわからないかい
二つも衛星はいらないよ

僕は欠点をあらわにして満足さ
君の天の川で泳ぐつもりはないよ
一体どうして手紙を送ってくるんだい
雰囲気を台無しにするだけなのに
衛星はひとつで十分だよ

僕と君、軌道を回ってまた一年過ぎる
二つの世界が衝突する事はない
僕と君、軌道を回ってまた一年過ぎる
いまだに月は潮を奪い取ることをあきらめないのさ

二つも衛星はいらないよ
衛星はひとつで十分だよ

任務をこれで打ち切りにしてくれ
まあ、よく頑張ったねとだけ言おう
僕の影の側面を君に見られてしまう前に聞きたい
一体全体どうして僕の旅行についてくるんだい
完全なる月食になって凍えるだけなのに
二つも衛星はいらないよ

僕と君、軌道を回ってまた一年過ぎる
二つの世界は衝突する事はない
僕と君、軌道を回ってまた一年過ぎる
いまだに月は潮を奪い取ることをあきらめないのさ
二つも衛星はいらないよ
衛星はひとつで十分だよ

歌詞の解説:
最初の結婚が破綻したアンディの当時の妻マリアンに対する一途な愛はそれはもう涙もの。ロックスターの特権とばかりに、グルーピーにドップリ浸かり誘ってくる女は拒まないという男たちが普通のロック界で、アンディは妻を裏切ってはならぬという大変稀な強い貞操観念を持っていた。
初めてのヨーロッパツアー中に一度誘惑に負けて浮気をしてしまった時は死ぬほど罪悪感に苛まれて苦しみ、自分から妻に告白して心から謝罪をしたとのこと。その後は、ツアー中に同じ妻帯者でグルーピー遊びにふけるコリンを横目で見ながら二度と妻を裏切らないと決意していた彼はじっとガマンしたそう。ある日、どうしてもエッチしたさに我慢出来ずに魚を代用(?)してひとりエッチをしたそう。
そんな彼にエリカ・ウェクスラーという熱狂ファン(アトランティックレコードのA&Rであったジェリー・ウェクスラー氏の姪)がつきまとい出した。どんなに追っ払ってもしつこくツアーやレコーディングセッションに現れるし、手紙を送ってくる。そんな彼女への皮肉たっぷりのメッセージがこの歌だが、その後、結局妻マリアンヌが数年にわたる浮気をしていたことを知る。最終的に妻がアンディの元を去り、泥沼の離婚騒動となったことは Your Dictionary の苦々しい歌詞を読めば明白。
その後、エリカさんとは、離婚後、恋人関係になっている。
posted by Miko at 11:05| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Mermaid Smiled

シロフォンの音色の澄んだ潮だまりから
遠い記憶の海底洞窟から
無垢な子供の頃のような自分たちを見つけた

泡を吹いて泳ぐ竜の落とし子の群れに連なって
ほら貝を吹き鳴らし
手の平の五線譜に音符を並べる
新月のように生まれたばかりの歌
砂粒のように年月を経た歌
太平洋の海洋から淀んで縮んでしまった
その子供はずっと消えていた
人魚が微笑むまで

ドラムの連打のような打ち寄せる波に呼び出されて
笑い泳ぐ魚たちが
僕の中で揺り起こされた少年を圧倒する
潜水鐘をゴーンと鳴らして
砕け散る波が沿岸と枕の投げっこをする

彼女は海中を自在にくねくね舞い泳いでる
僕といえば大人の世界に閉じ込められてる
彼女が鏡に自分の姿を映す
櫛を手に波になびいてゆらゆら揺れる
魅了されたのは幸運だった
子供に戻れたから
人魚の微笑のおかげで
posted by Miko at 10:59| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - The Man Who Sailed Around His Soul

自分の魂を航海した男
東から西まで 南極から北極まで航海した
舵を取った酔っぱらい船長は自分のエゴだった
「野心」という反逆者が男の理性を全部船小屋に閉じ込めたのさ

自分の心を渡り歩いた男
羅針盤や ガイド 地図も持たずに渡り歩いた
暴かれた本当の自分の醜くさ 冷酷さに
戦慄し 自分自身を非難する

歌う海の妖精サイレン
その美声の響きに惑わされて
海に引きずり込まれる
罪を犯した罰さ

今 男はポツンとひとり座る
ここは居心地が悪くホッと出来ない
皮膚の中身は空っぽ
人生の旅のおみやげを溜めておくだけの袋

自分の魂を航海した男
魂を航海した男

自分の魂を航海した男
また穴ぐらを見つけにきた
そこには以前 いたわりと真実が横たわり
帰航後の生気のない凍った体を暖めてくれた

自分の心を渡り歩いた男
裏切った恋のひとつひとつの出発点から
旅をしなくてはならない運命なんだ
これまでついてきた全ての嘘が
男の腕に刺青されている

海の深い底まで見ようとしたり
あえて覗き見しようとすれば
翼を持った天使さえも
クラゲに刺されるものさ

今 男はポツンとひとり座る
若い血と骨が全てだと実感しながら
探していた宝をやっと見つけた
自分の魂を航海した男
posted by Miko at 10:54| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Dear God

神さま
手紙は届きましたか?
お願いです、地上の人間を助けてください
ビールを安くしてほしいなんて言いません
神さまの姿にかたどり似せて創造された人々
飢えてさまよってるんです
神さまが食べ物を少ししか与えてくれないから…

神なんて信じられない…

神さま、
恐れ入りますが、
聞いていただきたいのです
皆、もうこれ以上泣くのはごめんです
神さまの姿にかたどり似せて創造された人々
絶えず対立して争っているんです
神に対する意見の衝突のために

神なんていないよ…

病災をもたらし、ダイヤを青くしたのは神さまですよね?
人類創造より先に僕らが神さまを創ったんですよね? 
悪魔も一緒に?!

神さま
ご存知ですか、
この本に何度も神さまが登場されます
愚かな人間達が綴った内容で、一度見てください
神さまの姿にかたどり似せて創造された人々
このくだらない本が真実を説いていると信じてます
こんなの作り話だぜ!そう思ってるはず
神さまも

信じられない…
信じない…

天国も地獄も信じない
聖者、罪人、悪魔だって、
天国の門、茨の冠だって、そんなものありゃしない!
神は僕らの信頼を裏切ってばかり
戦争を勃発させ、赤ん坊を水に沈め、
海の行方不明者を一生戻してくれない!
世界どこに行っても同じ!
この世の悲劇を見れば僕の確信が深まる!
父、子、聖霊、三位一体なる神なんて
誰かのデッチあげ!
もし天上にいるなら、見えるはずです
僕が胸の内を吐露している様子が
この世でたったひとつ信じられないものがあるとすれば…

それは、あなたです
神さま…

*To wear one's heart on one's sleeve: 自分の気持ちを隠さず明らかにすること。中世において騎士は戦いの際に愛する女性への気持ちを世間に表示するためその女性のハンカチーフやスカーフを自分の袖にピンで付けた。
*"people that you made in your image":聖書の創世記1.27によると"God created man in His image; in the divine image He created him"「神はご自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された」
posted by Miko at 10:49| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Dying

あなたを思い出すと怖くなる
買い物の列であなたが倒れた日
死の兆候だったんだと考えると
心臓が高鳴る
店から運び出されたあなたの
その口が大きく開いていた

飼い猫は逃げ出し戻ってこない
愛犬は何日もクンクン鳴き続けた
あなたが病気だった時、重病だった時
悩ませたことに罪悪感を感じた

印象に残るのは飴玉の瓶
食器棚の上にあったっけ
それから、カラフルなティーポットカバーも

目に浮かぶのは、その鼻から伝った露のしずく
しわが寄った青白い鼻から..
そして、僕自身も年をとってきてる
でも、あなたのようには死にたくない
あなたのようには…
posted by Miko at 10:46| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XTC - Sacrificial Bonfire

炎が燃え叫び
悪は消え
収穫は良い
フードを取り微笑む男たち

いけにえが血を流し
唾を吐き直火で焼かれ パチパチ鳴る
その肉を食べ子供たちは満腹

変化には努力を要する

犠牲の焚火は燃やさなければならぬ
古き世界を燃やし
新しき世界を迎える

古き世界を燃やし
新しき世界を迎える

聳え立つ炎
夜空にシルエットが浮かぶ
祈りを捧げ 飛び跳ねる煙
火の粉が風に舞い踊る

偽りが暴かれ 正体が見えてくる
体を覆う服だけが唯一
人間と猿を見分けるものだった

変化には努力を要する

犠牲の焚火が君臨せねばならぬ
善人を支配し
悪人を追放する

善人を支配し
悪人を追放する
posted by Miko at 10:36| ニューヨーク 🌁| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

XTC - Dear God (Miko様が2011年2月にブログ立ち上げて一番最初にアップした訳詩)

Dear God - XTC



手紙は届きましたか?
お願いです、地上の人間を助けてください
ビールを安くしてほしいなんて言いません
神さまの姿にかたどり似せて創造された人々
飢えてさまよってるんです
神さまが食べ物を少ししか与えてくれないから…

神なんて信じられない…

神さま、
恐れ入りますが、
聞いていただきたいのです
皆、もうこれ以上泣くのはごめんです
神さまの姿にかたどり似せて創造された人々
絶えず対立して争っているんです
神に対する意見の衝突のために

神なんていないよ…

病災をもたらし、ダイヤを青くしたのは神さまですよね?
人類創造より先に僕らが神さまを創ったんですよね? 
悪魔も一緒に?!

神さま
ご存知ですか、
この本に何度も神さまが登場されます
愚かな人間達が綴った内容で、一度見てください
神さまの姿にかたどり似せて創造された人々
このくだらない本が真実を説いていると信じてます
こんなの作り話だぜ!そう思ってるはず
神さまも

信じられない…
信じない…

天国も地獄も信じない
聖者、罪人、悪魔だって、
天国の門、茨の冠だって、そんなものありゃしない!
神は僕らの信頼を裏切ってばかり
戦争を勃発させ、赤ん坊を水に沈め、
海の行方不明者を一生戻してくれない!
世界どこに行っても同じ!
この世の悲劇を見れば僕の確信が深まる!
父、子、聖霊、三位一体なる神なんて
誰かのデッチあげ!
もし天上にいるなら、見えるはずです
僕が胸の内を吐露している様子が
この世でたったひとつ信じられないものがあるとすれば…

それは、あなたです
神さま…

*To wear one's heart on one's sleeve: 自分の気持ちを隠さず明らかにすること。中世において騎士は戦いの際に愛する女性への気持ちを世間に表示するためその女性のハンカチーフやスカーフを自分の袖にピンで付けた。
*"people that you made in your image":聖書の創世記1.27によると"God created man in His image; in the divine image He created him"「神はご自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された」
posted by Miko at 05:46| ニューヨーク ☀| XTC - Skylarking (1986) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする