2014年07月05日

【新翻訳記事】元XTCのハチャメチャキーボーディスト、バリーが赤裸々に綴る「XTCの最後の数か月間はアンディを恨んだが、自分でバンドを持って初めて彼のXTCでの苦労が分かり同情心が湧き許すことが出来た」

元XTCキーボード バリーアンドリューズのブログ


http://shriekbackmusic.tumblr.com/post/89649539972/keyboard-playing-part-2-75-79-or-id-been-to-xtc

バリーをツイッターでフォローしよう!
Shriekback@shriekbackmusic
ファイスブック↓
https://www.facebook.com/shriekback

Keyboard Playing Part 2: ‘75-79 (or: ‘I’d been to XTC but I’d never been to me..)
キーボードプレイについて Part 2: 75年〜79年 (あるいは:“XTCには入ったが、自分ではなかった...”)
(←昔のCharleneの歌 I've Never Been To Me の歌詞から。)

nature: the fundamental qualities of a person or thing; identity or essential character
性質: 人または物の基本的な質; アイデンティティあるいは要となる性格

ancillary : providing necessary support to the primary activities or operation of an organization, institution, industry, or system.
補助物: 組織、施設、業界あるいはシステムの主となる活動や運営に必要な支援を提供すること。

What is your nature? Your ‘identity or essential character’?
あなたの性質は何? "アイデンティティ、あるいは要となる性格とは?

Surely sussing that out early in the game is the key to a successful life?
For some, it’s a struggle. Some never find it. For others it’s blindingly obvious from the start
何かチャレンジを開始する初期にそれを理解することが人生の成功への鍵であることは確かだよね?
人によっては難しい。 一生分からないままの人もいる。 中には初めから疑いの余地なく明確である人もいる。

What’s my nature, you ask? Easy: making up stuff.
では、僕の性質とは?簡単。自分で何かを作る事。

I like thinking of things that don’t exist yet and working on them till they do. That’s it and will, without doubt, ever be so.
この世にまだ存在しないものを考え、存在するようになるまで作ること。現在も、これからも、疑う余地もなく、僕の性質。

Everything about my childhood told me that was the case (the stories, the music, the objects.
子供時代を振り返れば、それが自分の性質だった(物語、音楽、物、誰もが認めた:僕はクリエイテイブなガキだった)。

Everybody saw it: I was one creative little fecker) yet when I started off upon the primrose path of rockn’roll, I became a keyboard player, a creature whose role is -that’s right- ancillary, supportive. One who doesn’t make things up but one who decorates other people’s things.
それなのに、ロックンロールという破滅への誘惑に乗ってしまうと、まず、僕はキーボードプレイヤーになってしまった。この生き物の役割は、(そう当たり!)助手、補佐的な役割。物を創造するのではなく、他人の物を装飾する役割。

If you, young KP, seek more than that, you should go elsewhere for it will break your heart. You think the rest of the band will listen when you plead for your vision? For your -heaven forfend-‘songs’?
もし、若いKP(キーボードプレイヤーの略)である君がバンドでの役割に補佐以上を望むのなら、もう他の道を行くしかない。心が傷付くことになるからだ。だって、君のヴィジョンを考慮してくれと言ったところでバンドの他のメンバーが耳を傾けてくれると思う?君の "なんとかかんとか"という歌に耳を貸そうとすると思う?

The truth is, they did not hire you for those things: they got you in the band to: ‘fill out the sound’, to create sonic backdrops, mood curtains, to add a few new, attractive but, ultimately, optional colours.
君が雇われたたのはそのためではない。'バンドのサウンドの必要な部分に音を加えてくれるよう' 、音の背景、ムードを醸し出す“カーテン”になってくれるよう、いくつかの新しく魅力的だがつまるところオプション色を追加してくれるように君は雇われたんだ。

To provide, sometimes, what we know in the trade as the Invisible Glue: a kind of subliminal humming which you don’t really hear but you would notice if it stopped.
また、時には、音楽業界では"透明接着剤"と知られる音を提供するために。それは、意識下の鼻歌のようなもので、通常聴こえないのだが、それが止まった時に初めて気が付くような音。

They got you in to be the Keyboard Player.
そう、君はキーボードプレイヤーとして雇われたんだよ。

Then, no big thing at the time, I heard XTC were looking for a keyboard player and I said I might be interested. We arranged a jam/audition at a local sports hall which was double-booked so we reconvened in the pub.
(中略)その頃、XTCがキーボードプレーヤーを捜していると聞き、加入したいかもしれないと答えた。 ジャム・オーディションを地元のスポーツ会館で予約したのだが、重複予約されたため、みんなパブに再び集まった。

It was strange, I knew of ‘Partridge’s mob’ only by local rep ('very competent but a bit pretentious' was the characteristically grudging Swindonian word on the street) but a few things were established by that night of piss-artistry and ranting: we really did hit it off -there was much laughter; ingenious obscenity; anecdotes of vaunting surreality and dubious credibility.
奇妙なことに、”パートリッジ一族マフィア”の事は地元の評判だけで知っていた(“非常に優れたバンドだが少々うぬぼれてる”というのがスウィンドンで聞いたバンドを渋々認めるコメントだった。)彼らと酔っぱらいわめき散らしたその夜、かなりの事が確立された:まず、非常に意気投合した。笑いまくり;巧みに考え付いたわいせつな言葉を飛ばし;到底あり得ないような過去の自慢話、耳を疑うような奇抜な逸話の数々。

There was something original about their group-mind -something very funny and deeply Swindonian.
彼らのグループのあり方に何かオリジナルなものを感じた。何かとてつもなく面白くて、心底”スウィンドン人” 的なものがあった。

I was of course, as London overspill -literally from the other side of the tracks- a ‘Cockney Bastard’. ('these new estates -all chicken wire and dogshit') They were ‘fucking inbred Swedebashers’ -such were the demarcations in Swindon at the time.
僕と言えば、当然、ロンドンの落ちこぼれ。文字通り下層階級出身コックニー野郎だった。 (“新しい公営住宅団地は - 金網と犬の糞が売り物です”) そして、彼らと言えば、”生まれながらの百姓野郎ども” - それが当時のスウィンドンでの階級分けだった。

That didn’t matter: I could see myself hanging with these boys.
そんなことはどうでも良かった。 こいつらとだったらと付き合えると思った。

And, after the Roulette experience, I was in a position to see something else: that they were as ambitious as I was.
ルートレット(バリーが加入した最初のバンド)での経験の後、とにかく何か他のことをやってみたかったし、彼らは僕と同じくらい野心に燃えていたとわかった。

Not in a daft impractical way, with lots of distractions to mask a basic lack of intention but with a real plan, one that was fired with the recklessness of youth, sure, and that was a long shot but which one which might…just…work.
基本的に何がやりたいのか良く分からないのを隠すために色々支離滅裂にやるだけのバカな観念的な野心ではなくて、ちゃんとしたプランがあった。若さの無謀さでメラメラ燃え立つような野心だった。確かに大きな賭けではあったが、でも...ひょっとして...成功するかもしれなかった。

XTC was the first band I’d really wanted to be in. And I knew I was before I’d played a note.
本当に入りたいと思ったバンドはXTCが初めてだった。 実際にバンドに入って演奏する前からわかっていた。

Sometimes it just goes like that. Apparently.
そういう風に決まってしまうことがあるよね。 本当にそういうことがあるんだ。

This unmitigated good vibe was not to last of course. And the reason for that goes back unambiguously to me pretending to be a keyboard player; to me doing something against my nature.
だが、この純粋な意気投合感は当然、長続きしなかった。 原因は上述に戻る。つまり、キーボードプレーヤーのふりをする自分;自分の性質に反することをしたからだ。

The ancillary role wouldn’t be enough, but I didnt know that yet. Neither did XTC.
このバンドには、僕の ”補佐的な役割” だけでは充分ではなかったのだ。自分でも気が付いていなかった。 XTCも気が付いていなかった。

A skilled human resource specialist might have looked at the XTC of ‘76 and drafted a template for the ideal 4th member: 'no personal artistic ambitions (there was already an aesthetic -and two songwriters- which needed no expansion), plenty of technical know-how to consolidate what they had and to take it further, and, perhaps most importantly, a sort of noble humility; a willingness to subsume the ego in order to achieve a greater goal’.
熟練した人事スペシャリストであれば76年のXTCを見て、4番目のメンバーの理想的な候補者の条件を次のように策定したであろう。 「音楽的な個人の野望が無く(XTCには既に美学的思想が確立しておりそれ以上拡大は要らなかったし、二人ものソングライターを抱えていたのだから)、XTCが既に持っている技術的なノウハウを更に強固にし向上させれるような豊富なノウハウを持ち備えており、多分、最も重要な条件として、気高い謙虚さがあること; つまり、グループとしての大きな目標を達成するためには、自我を従属させることをいとわないこと」

All of which, though I don’t know him very well (sorry, Dave, to try and precis you so brutally, it’s a blog, I need broad strokes) seemed to roughly describe my eventual replacement, Dave Gregory.
彼についてはそんなに良く知らないが (Dave、すまない。あなたのことをこんなに風に残酷に要約しようとしているが、これはブログ。おおざっぱな表現が必要だ) この条件の全ては最終的に僕の後釜になるDave Gregoryをほぼ表しているようだ。

What did work though, I will say for my time in the band, was the kamikaze, youthful, competitive energy of it all
僕の在籍時代には、XTCにはカミカゼのような、若さ一杯、ライバル意識バリバリのエネルギーがバンドを盛り立てた。

https://www.youtube.com/watch?v=gcIBLyJlJ5Q

You could argue that I was the man for the time, and the square peg frustration fuelling my manic stage persona gave the band an edge which was crucial in the
maelstrom of Post Punk.
当時のXTCにおいては僕こそが主役だったと言える。バンド内の不適任者というフラストレーションが僕のハチャメチャなステージパソナに拍車を掛け、それが一層、ポストパンクシーンの混乱の渦中でXTCというバンドを際立出せた。

A lot of rock success is about fitting the flavour of the times and I think XTC probably needed a bit of a maniac onboard in 77-8.
ロック界での成功の大半はその時代のフレーヴァ―に一致するかどうかであり、77年、78年あたりのXTCはでおそらく多少狂気じみた人間がバンドに必要だったのだと考える。

After that, when things had calmed down, I was superfluous really, as the post-me album title ‘Drums and Wires’ not so subtly implied.
ポストパンクの混乱が落ち着くとXTCにとって僕は余計者になった。僕が辞めた後のアルバムタイトルDrums and Wires(ドラムとギター)がそれほど遠回しにではなくそのことを仄めかしている。

Anyway, I’d had to leave: hiding my nature and resenting it was an undignified and painful place to be. I wasn’t doing anyone any good, and I knew it.
ま、とにかく、僕はXTCを去らなければならなかった。自分の本当の性質を隠し、そうしなければならないことに憤慨することは不名誉な事であり辛かった。 皆にも迷惑を掛けていた。分かっていた。

After the unedifying power struggles of GO2 and all the bitching about each other in the press (so English of us -a good punch-up might have cleared the air) it was time to strike out for juicier shores: back to the Magic Islands of Making Stuff.
2枚目のアルバムGO2のレコーディング中の不道徳極まりないエゴのぶつかり合い、お互いへの不満をメディアにぶつけた(これは、非常にイギリスぽいやり方 - 殴り合った方が嫌悪な雰囲気を解消出来ただろうが。
)その後に、(自分の性質である)”物を作る”という”魔法の島”に戻る時がいよいよやって来た。

I hated Andy Partridge with a vengeance in the last months of XTC, but, after a few years of doing his gig: trying to shape a rock band (two actually: Restaurant for Dogs and Shriekback) into a shape which only existed in my head, I had a good deal more sympathy with him. That shit is harder than it looks.
XTCを抜ける前の最後の数か月間はAndy Partridgeを猛烈に憎んでいた。ところが、Andyがやっていた事を自分でやり始めて、数年間、ロックバンド(Restaurant for DogsとShriedkbackという二つのバンド)を 自分の脳内に描くようなバンドに作り上げようとした。実際にやってみて、初めてAndyへの同情心が湧いてきた。 バンドを自分の思うように作るなんて傍で見るよりずっと難しい。

There’s an interview we did on Sky in ‘86 and what is not apparent from the clip is that we literally hadn’t seen each other since the last meeting in our manager’s office in ‘79 when I resigned. Not even for a couple of minutes before the show. Reality TV avant la lettre.
Sky(TV番組)で86年に司会のアンディが僕にインタビューをした。この動画クリップからは良く分からないようだが、これは実は、僕とAndyにとっては僕が79年にXTCを辞める際にマネージャーのオフィスで最後に会った時以来の再会だった。 この番組に登場する寸前にも全く会っていない。

http://www.youtube.com/watch?v=ra2IUr21DDM

Someone commented on it that I looked like I was on E.
この動画の誰かのコメントで僕がヤクでハイになってるように見えると書き込んでいる。

I wasn’t but I think I must have been experiencing some genuine Understanding and Forgiveness coming, as I was at the time, from an infinitely kinder, more creative place than when we were squabbling and bitching and I was the frustrated KP in XTC.
しかし、そうじゃない。多分、この時、(XTCを作り上げるのに苦労したであろう)Andyの気持ちを心から理解出来て、許してあげたい気持ちが湧き上がるのを感じたのだろう。そういう気持ちになれたのは、Andyと小競り合いし不平不満をぶつけあうXTCのフラストレーション爆発キーボードプレイヤーだった頃より、とてつもなく思いやりを培い、よりクリエイティブな精神状態の自分に変わっていたから。

I was one of the singer/writers in Shriekback, which had really found it’s voice by then; had a major record deal; was playing spectacular gigs all over the world and I was generally having a whale of a time. I had relaxed into my Nature and the anguish could cease.
僕はShriekbackのシンガー・ソングライターの一人であり、その頃までにはバンドは独自のスタイルを見つけていたし、メジャーレーベルと契約をし世界中で見事なパフォーマンスのギグを繰り広げており、最高の時を楽しんでいたのだ。 自分の性質に馴染むことが出来、その性質を生かし、苦悩に終止符を打つことが出来た。

When it comes down to it, New Age bollocks aside, there really is nothing like being who you are..
結論は、ニューエージナンセンスはさて置いて、自分らしくやること以上に素晴らしい事はないってこと...。
t
【関連する記事】
posted by Miko at 00:32| ニューヨーク ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする