2014年03月03日

89年のSkylarkingのインタビュー「僕のエゴなんて普通だけどトッドのエゴはモンスター級!」「僕にはシングル曲を選択する能力が無い。あの大ヒットSenses Working Overtimeのシングルカットに反対したくらいシングル曲判断力ゼロの男。シングル曲失読症!」

スカイラーキングについてアンディとコリンが語る:89年のラジオゲスト出演時のインタビュー翻訳

「僕のエゴなんて普通だけど、トッドのエゴはモンスター級!」「僕にはシングル曲を選択する能力が無い。あの大ヒットSenses Workingのシングルカットに反対しSimpletonがシングルカットすべき曲だなんて全然思わなかったシングル曲判断力ゼロの男。シングル曲失読症!」

http://chalkhills.org/articles/WBRU1989.html

WBRU 95.5 FM, Providence
1989

Dramatis Personae:
Andy Partridge (AP)
Colin Moulding (CM)
Alexa, a rather young and awkward-sounding interviewer (WBRU)



WBRU: OK. Um, now, Todd Rundgren, I know, produced Skylarking, and you have a - (AP sucks in his breath with horror) - story behind someone who produced this album. . .
WBRU(インタビュアー):OK。さて、今度は、トッド・ラングレンについてですが、Skylarkingをプロデュースしたんですよね。(アンディはここでゾッとして息を呑む真似をする) - このアルバム制作者にまつわる裏話があると思うのですが...。

CM: Emperor Toddulus.
CM(コリン):皇帝トッデュラス。

AP: Emperor Toddulus the First, yes, the only four foot tall producer we've ever worked with.
AP(アンディ):皇帝トッデュラス1世。そう、今まで一緒に組んだプロデューサーでただ一人身長が4フィート(122センチ)しかなかった人です。(注:実は5フィート11インチ=約180センチ)

CM: Yes, it can be told now, listeners, that Andy Partridge did not get on with Todd Rundgren. It has to be said.
CM:はい、皆さん、今だからこそ明かします。実は、アンディ・パートリッジとトッド・ラングレンは上手くいかなかったんです。これは伝えておかなければならない。(注:これは皮肉のジョーク。この二人が真っ向から対立しレコーディング中ずっと喧嘩の連続だったのは音楽ファンの間では周知であった。)

WBRU: (worried) Ohh.
(心配そうに)ええっ。

AP: It's OK. Too much has been made of that, actually. We should be nice to Todd today.
AP:もう、大丈夫です。これについては、あまりにも多く語られ過ぎました。このインタビューではトッドについて良い事を話すべきだな。

CM: Todd likes to do things the Todd way -
CM:トッドは物事をトッド流のやり方でやるのが好きなんですよ -

AP: In Toddio. [?]
AP:トッディオでね。 [意味謎]

CM: And if you don't like it, then the sparks are gonna fly, you know, but. . .
CM:もし彼のやり方が気に食わなければ、バチバチッと火花が散る...。

AP: Yes, suffice to say that when you work with Todd you just have to leave your ego at home in the cupboard and come and be fleshy recording fodder for his love.
AP:そう、トッドと組んで仕事をする場合、とにかく家を出る前に自分のエゴというものを家の食器棚に置いてこないといけないんです。そして、彼に愛されるため楽曲を録音しないといけないんです。

WBRU: Which is what you love to do.
WBRU:でも、それって、大好きな事ですよね。

AP: Oh, I just love to do that, yes! I mean, I've got a reasonable-sized ego, no bigger and no smaller than anyone else's, and Todd's rather got a monster! But he wouldn't show it to me, so. . . We just didn't get on too much. But I think the LP's fine. When we initially finished it, I was a little displeased with it, but I think that was more my - the fact that I thought that doing the whole LP was going to be like a summer holiday, a summer camp or something - not really summer camp, it was more like a concentration camp! Yes, Camp Todd, Stalag Todd, as it was known, actually.
ああ、もう大好き!そうです!僕のエゴなんて普通のサイズ。みんなのエゴより大き過ぎもしないし、小さ過ぎもしない。でも、トッドのエゴときたらモンスター級ですよ! それを隠して見せないわけ。だから…彼とはあまりうまく行かなかったんですよ。でも、LP自体は良く出来てる。レコーディングが終わった当初は少し不満だったんですが、あれは、どちらかというと僕の-----最初、あのLPの全曲を(トッドのアメリカのスタジオで)レコーディングするのは僕にとってサマーホリデーというか、サマーキャンプというか、何かそういうものになるのだろうと期待していたんですが-----ところが、あそこは、もうサマーキャンプ(summer camp)なんてもんじゃなくて、強制収容所(concentration camp)だったわけ!そう、“トッド”キャンプ場というか、“トッド”第十七捕虜収容所なんて名前で知られていましてね、実はさ。

CM: Todd's got this studio up near Bearsville in upstate New York, and when the bands record at his studio, you have to stop in "The Guest House" for bands, you know, you make pals with the mice that roam the corridors and. . . it's a pretty decrepit sort of place.
CM:トッドはニューヨーク北部のベアズヴィル近辺にレコーディングスタジオを持っていて、バンドがそこでレコーディングする場合、そこのゲスト用の家に宿泊するんです。それで、廊下をカサカサ這いまわるネズミの集団と顔なじみになっちゃたりして....かなり、おんぼろの家なんですよ。

AP: It's amazing, the last band that were there had such a plague of mice that they tried to poison them, and succeeded, and so there were lots of dead, rotting mice under the floorboards stewing up the house lovely by the time we got there.
AP:大変なことになっていたんです。僕らの前に泊まっていたバンドがネズミの疫病に見舞われてね、連中を毒殺しようという試みが成功したわけです。おかげで、僕らが到着する頃には床板の下に山のように転がるネズミの死骸の腐敗臭で家中、素晴らしい具合にム〜ンッと蒸返っていたんです。

WBRU: Always good for a bit of musical inspiration.
WBRU :音楽にちょっとしたインスピレーションを与えるのは良い事です。

AP: Oh, it was great, you get in there and - (sniffs) - Hmm, what's that smell? Is that airline food? (sniffs)
AP :ああ、あれはもう最高でしたよ。家に一歩足を踏み入れると-----(鼻をクンとさせる)-----ムム、なんだこの臭い?機内食?(クンクン)

CM: One thing that did strike us was the fact that Todd's gear that he's got in the studio all seems to be very antiquated, it really is stuck in the early 70's, technology-wise.
CM :ちょっと意外だったことの一つは、トッドのスタジオ機材がどこれもこれも全部非常に時代遅れみたいだったことです。本当に、技術的に言うと、70年代の始めの頃から進化が止まっているような。

AP: He's got "Stalinphone" printed on the lot of it.
AP :その機材の多くに「 Stalinphone (スターリン電話)」と印刷されていましたよ。

CM: And even more surprising that he runs his 24-inch, uh, sorry, 24-track tape recorder at 15 inches per second, which is unheard-of these days. It's supposed to be thirty inches.
CM :さらに驚くべきことに、トッドは、24インチの、あ、じゃなくて、すみません、24トラックテープを15インチ/秒で回しているんです。今では前代未聞の代物、あり得ないですよ。通常は30インチのはず。

WBRU: All right, well, before we get sued, maybe we should stop. (Giggles nervously)
WBRU :なるほど。えー、訴えられる前に、ここらへんで(トッドの悪口言うのは)止めたほうが身のためでは。 (引きつった笑い)

AP: Just to round it all up, despite him being a total pain in the neck to work with, he's, uh -
AP: 結論としてまとめると、トッドとの仕事では全く嫌な思いをさせられたけど、あの人は、えーとーー

CM: He is a good producer.
良いプロデューサー。

AP: He's a great producer, and -
良いプロデューサーだし、あとーー

WBRU: The album sounded wonderful.
あのアルバムは素晴らしいサウンドですよね。

AP: And a wonderful musician. And he did some very surprising, but very good things with the music. It was his idea that we do the kind of John Barry existentialist spy theme backing to "The Man Who Sailed Around His Soul," I mean, the original demo was nothing like that, it sounded more like Leonard Cohen, the original demo.
AP:素晴らしいミュージシャンでもあります。それに、いくつか結構びっくりするような凄く良いことをしてくれたしね。ジョン・バリーの実存主義スパイテーマみたいなバッキングをThe Man Who Sailed Around His Soulでやることを提案したのはトッドでした。だって、元のデモはあれとは全然違っていて、どちらかというと“レナード・コーエン/オリジナルデモ”みたいなサウンドでしたよ。

CM: But he's a rotten engineer.
CM:一方、エンジニアとしてのトッドはダメ。

AP: Well, he's a rotten engineer, yeah. It's give and take, you know, he's a good producer. . .
AP:まあ、ありゃあダメだ。そう。ギブアンドテイクのバランスですよ。プロデューサーとしては優れているが… 。

CM: On balance, it was a good experience, I think.
CM:結局のところ、良い経験ではあったと思いますが。

AP: I wish I hadn't crapped in his wastepaper bin.
AP:トッドのくずかごに糞したのは反省してます。(!?)

(ここでDear Godがかかる)

(中略)

WBRU: I have been told that there was something you had had a discussion about removing from the album or not.
WBRU :聞いたところでは、ある曲をアルバムから外すかどうかについての議論があったそうですが。

AP: There was on Skylarking, I mean, "Dear God," actually, "Dear God" got removed from Skylarking.
AP:SkylarkingのアルバムでDear Godについてですね。実は、あれはSkylarkingから外されたんです。

WBRU: Which wasn't on the original.
WBRU :最初リリースしたオリジナルバージョンには収録されていなかったということですね。

AP: Yeah, at my instigation, it has to be told.
AP:はい、僕が外すようけしかけたんですよ。真実を明かしちゃうと。

WBRU: Truthfully?
WBRU :本当に?

AP: Yeah, I didn't think I'd written the song chewy enough, tough enough.
AP :ええ、あれは自分の作曲に歯ごたえが足りないと言うか、軟弱さを感じたんです。

CM: Well, Andy was faced with a dilemma, that the record company and Andy himself wanted a track called "Another Satellite" on the record, so something had to come off, and Andy chose "Dear God."
CM :うーん、アンディはジレンマを抱えていたんです。レコード会社とアンディ自身、このレコードにAnother Satelliteと呼ばれるトラックを入れたかったんですよ。だから、何かのトラックをあきらめなくてはならない。それで、アンディはDear Godをあきらめようってことになったんですよ。

WBRU: Well, that's personally - "Another Satellite" is my favorite off of that album.
あれは個人的に---Another Satelligteはあのアルバムでもお気に入りの曲です。

AP: Hmm. Well, I can't pick singles - you're talking to the man who thought "Senses Working Overtime" shouldn't have been a single, and had no idea that "The Mayor of Simpleton" might be a single. You're talking to a man with no single judgement whatsoever. Single dyslexic! Yes, are you dyslexic? Write to me at (backwards noises)
AP :そうですか。うーん、僕ってシングル曲を選択する能力が無いもので---だいたいさ、自分は(本国イギリスで大ヒットした)Senses Working Overtimeのシングルカットに反対したり、The Mayor of Simpletonがまさかシングルカットに相応しい曲だなんてこれっぽちも思わなかった男ですよ。シングル曲判断力ゼロの男。シングル曲失読症!そう、あなたも失読症?相談にのりますので、この住所まで(失読症のマネで逆に住所を読んでるかのようなでたらめの言葉を言う)手紙を送ってくださいな」
【関連する記事】
posted by Miko at 14:45| ニューヨーク ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする